労災保険・通勤災害_交通事故

交通事故の労災保険申請専門の社会保険労務士法人愛知労務

労災申請認定事例

当事務所の労災申請認定事例の一部をご案内させて頂きます。

頚椎捻挫で労災保険14級認定事例(業務中)

Y様 30歳代男性

仕事で自動車を運転していた際、後続の自動車に追突され、頚椎捻挫のお怪我をされたY様からご相談を頂きました。Y様は相談会におみえになった時は、まだ治療中で事故からほぼ1年が経っていました。

 

症状固定後に、労災保険にも障害申請をしたいというご意向でした。やがて治療が終了し、Y様はまず自賠責保険の後遺障害の申請をされました。後遺障害診断書については任意保険会社経由で申請をされ、事前認定の結果待ちとなりました。

 

後遺障害診断書提出後、約2ヶ月で等級(事前認定)の連絡がY様のお手元に届きました。審査結果は残念ながら「非該当」となっていました。

 

Y様は、時間がかかってもいいので異議申立をしたい、ということでしたので、葵行政書士事務所でご依頼を頂き、異議申し立ての準備に取り掛かりました。それと同時に労災保険の障害給付の申請に愛知労務の方で取り掛かりました。

 

自賠責保険の等級異議申立がうまくいき、主治医の先生の「意見書」が功を奏して14級9号の認定となりました。相手の保険会社との示談もスムーズに進み、無事解決となりました。

 

労災保険の手続きは、まず「第三者行為災害届」の作成から取り掛かりました。Y様のお勤めの会社の総務担当者の方とも緊密に連絡をとらせていただきました。

 

Y様は長い間休業をされており、相手の任意保険会社から休業損害を100%支給されていましたので、愛知労務としては休業特別支給金の申請の手続を行いました。書類を作成し、Y様の会社で証明を頂き、その後病院の証明を頂く手続を行いました。

 

最後に、障害給付支給申請書の作成にとりかかりました。それと同時に、「身体の状態にかかる申立書」についても、Y様から症状について具体的に内容をお聞きし、愛知労務でとりまとめをさせて頂きました。

 

頚椎捻挫の場合は、この「身体の状態にかかる申立書」が重要な書類となり、労働基準監督署の担当官がこれを基にY様にヒアリングをしていきます。その後、顧問医に説明をし、顧問医の診察(等級認定の問診)となります。

 

障害認定日当日は、愛知労務から社会保険労務士一名が労働基準監督署まで出向き、Y様にご同行させて頂きました。

 

障害認定日から2週間程たった頃、「一時金支給決定通知」がY様のお手元に届きました。14級の認定となり、障害特別支給金とボーナス特別支給金の給付がありました。

 

今回のポイント

 

今回のポイントは、自賠責保険の後遺障害は先に申請して非該当となった場合、まず自賠責保険の異議申立をしたことです。自賠責保険で14級が認定されてから、労災保険の障害特別支給金、ボーナス特別支給金の申請パターンとなりました。


業務災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

 

通勤災害認定事例に戻る

 

事務所写真

事務所執務風景

事務所執務風景です。

朝からフル稼働しております。

アクセス

〒442-0876

愛知県豊川市中部町2-12-1
TEL:0533-83-6612
FAX:0533-89-5890
mail:maturom@mtj.biglobe.ne.jp
受付:8:30~17:00
定休日:土曜日、日曜日、祝日

無料メール相談

無料メール相談

社会保険労務士宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

↑ PAGE TOP