労災保険・通勤災害_交通事故

交通事故の労災保険申請専門の社会保険労務士法人愛知労務

労災申請認定事例

当事務所の労災申請認定事例の一部をご案内させて頂きます。

右股関節脱臼骨折等で労災保険併合9級認定事例(バイク通勤)

H様 30歳代男性

バイクで通勤している時、交差点の中で右折の自動車と衝突して右股関節脱臼、右膝挫傷のお怪我をされたH様から、メールにてご相談を頂きました。自賠責の後遺障害申請と労災保険の申請のタイミングを教えてください、というメールでした。

 

自賠責保険の後遺障害の申請は、労災保険(通勤災害)の障害給付の申請と同じタイミングとなります。症状固定日は同じ日となり、主治医の先生に書類(診断書等)を証明してもらうのも一緒の時となります。

 

H様からメールを頂いた時は、事故から4ヶ月ほど経ったころでした。また、メールの中には治療終了の時期についてのご相談もございました。

 

労災保険の申請のご依頼を頂きましたので、まずは第三者行為災害届の作成にとりかかりました。休業補償の関係の書類は、H様ご自身で手続をされていました。愛知労務としましては、障害給付のお手続がメインの業務となりました。

 

治療も事故から8ヶ月経った時点で終了とし、障害の申請へと進みました。障害給付支給請求書を作成し、主治医の先生に証明をいただきました。その請求書の裏面の「診断書」のチェックをしてまいりました。

 

H様は、股関節の可動域制限についてと、膝の異常知覚(しびれ)について障害が残っておられました。

 

障害が残った方の股関節の屈曲、伸展については、診断書の数字からは12級相当となっていました。膝のしびれについては、主治医の先生が「障害の状態の詳細」欄に加筆をしてくださいました。

 

「障害の状態に関する申立書」は、H様とよく打ち合わせをし、愛知労務の方でまとめさせて頂きました。

 

自賠責保険の後遺障害診断書もチェックさせて頂きました。内容的には、12級7号の認定となりそうでしたので、労災保険の障害給付を先行することにしました。H様にとって、少しまとまったお金が要るようになったため、そのように進めることになりました。

 

労働基準監督署の認定立会いに、愛知労務の社会保険労務士一名が同行させて頂きました。またH様は股関節、膝関節の疼痛を訴えておられましたので、アフターケア「健康管理手帳交付申請書」も準備して持参いたしました。

 

労働基準監督署の認定日から1ヶ月少し経った頃、「一時金支給決定通知」がH様に届きました。その内容は、併合9級の認定となっていました。

 

また、アフターケアの健康管理手帳の申請も認定され、H様には大変お喜びいただくことができました。アフターケアは、治療終了後も、診察と投薬が受けられます。そのため、とても心強いとH様にお喜びいただけました。

 

障害給付一時金、障害特別支給金、ボーナス特別支給金の3つを併せて、670万円近い支給となりました。

 

今回のポイント

 

今回のポイントとしましては、主治医の先生の診断書の可動域の数字が12級相当となっていても、併合9級が認定されました。労働基準監督署の顧問医の可動域測定で等級が決まるシステムとなっていることがポイントとして挙げられます。


通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

 

通勤災害認定事例に戻る

 

事務所写真

事務所執務風景

事務所執務風景です。

朝からフル稼働しております。

アクセス

〒442-0876

愛知県豊川市中部町2-12-1
TEL:0533-83-6612
FAX:0533-89-5890
mail:maturom@mtj.biglobe.ne.jp
受付:8:30~17:00
定休日:土曜日、日曜日、祝日

無料メール相談

無料メール相談

社会保険労務士宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

↑ PAGE TOP