労災保険・通勤災害_交通事故

交通事故の労災保険申請専門の社会保険労務士法人愛知労務

労災申請認定事例

当事務所の労災申請認定事例の一部をご案内させて頂きます。

非骨性頚髄損傷で6級認定事例(通勤途中)

N様 30歳代男性

N様は会社からの帰り道に雨の中を自動車で走行中にスリップしてしまい、自損事故にて負傷してしまわれました。非骨性頚髄損傷(中心性脊髄損傷)のお怪我をされました。

 

事故当初から入院となり、当初は寝たきりでこのまま回復するのかとても不安になったそうですが、リハビリを頑張って約1年3か月後、自立歩行が可能になりました。

 

会社は約11か月休職し、労災保険にて休業給付の支給を受けていました。

 

お近くの法律専門家に相談したところ、12級くらいではないかと言われて心配になり、愛知労務・葵行政書士事務所にメールでお問合せをくださいました。

 

N様は脊髄損傷なのだから9級には認定されるのではと思っておられました。右半身の感覚障害があり、右上肢の関節が滑らかには動かせなくなっていました。また、右下半身にはしびれが残っていました。


歩行についても違和感があり、転びそうになることが度々あるとのことでした。

 

上記のような症状で、9級が認定されるのであれば手助けしてほしい、という内容のお問合せでした。

 

N様と連絡を取り、面談をさせて頂いて分かったことは、左腕と左手のしびれがかなり強く、手はいつも小刻みに動いていました。歩行もぎこちなく、下肢の麻痺も残っていることが見て取れました。

 

お話を伺っていてハッと気が付いたのですが、N様の顔面には切り傷がありました。自損事故でガードレールに衝突した後、田んぼに落下したときにひたいを切ったとのことでした。


入院中に顔の傷についても処置してもらったとのことでしたが、面談時には8cm程の線状痕となっていました。

 

「この顔面の傷だけで9級が認定されますよ」とお話ししたところ、N様は大変びっくりされました。

 

また、左側の上下肢の麻痺があるので、脊髄損傷の等級としては7級か9級に認定されるのではということをN様にお伝えしました。つまり、顔のお怪我と併合して、併合6級か併合8級になるということです。

 

面接の帰り際に「できたら病院での診断書記入に立ち合って欲しい」とのお話をいただきましたので、主治医の先生の許可がおりれば立ち合うというお約束をしました。

 

N様との面談から約2週間後に、主治医の先生の診断書証明に立ち合うことになりました。


主治医の先生は、診断書の項目をひとつずつ確認し、検査や測定をしながら記入をしてくださいました。MRI画像もパソコン画面に出していただき、C3/4のところにくっきりと白い像が映っていることが見て取れました。


先生は1時間程かけて診断書を記入してくださいました。各項目一つ一つ大変丁寧に記入していただきました。

 

愛知労務としての今回の業務内容は、障害給付支給申請書の記入からとなっていました。診断書記入のお願い書類の作成、病院の診断書証明の立ち合いがスタートです。

 

労働基準監督署には、障害給付支給申請書と共に「身体の状態にかかる申立書」も提出しました。またMRI画像のCDも送付致しました。

労働基準監督署の認定日には、愛知労務より社会保険労務士1名が同行させていただきました。

 

認定日から40日後、N様のお手元に「年金・一時金支給決定通知」が届きました。結果、併合6級の労災年金となり、N様にも大変喜んでいただくことができました。


「最初に相談した法律専門家には12級では、と言われていたが、愛知労務さんに依頼したおかげで6級が取れて、とてもありがたいです。」とおっしゃって頂き、私共としても大変嬉しく思いました。

 

労災保険の年金は終身支給されるうえ、社会保険の老齢厚生年金とは支給調整されないため、N様も今後の生活設計が楽になったとお話しされていました。また、アフターケアの申請もお手伝いさせていただきました。

 

今回のポイント

 

労災保険の申請は、多数の申請実績があります愛知労務にお任せください。

 

また、脊髄損傷のアフターケアは、終身受けられることになっています。


通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

 

通勤災害認定事例に戻る

 

事務所写真

事務所執務風景

事務所執務風景です。

朝からフル稼働しております。

アクセス

〒442-0876

愛知県豊川市中部町2-12-1
TEL:0533-83-6612
FAX:0533-89-5890
mail:maturom@mtj.biglobe.ne.jp
受付:8:30~17:00
定休日:土曜日、日曜日、祝日

無料メール相談

無料メール相談

社会保険労務士宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

↑ PAGE TOP