社会保険労務士法人愛知労務

第三者行為災害届_健康保険

自動車事故でケガをした場合

自動車事故によってケガをした場合にも、健康保険の被保険者または被扶養者は健康保険の診療や傷病手当金などの給付を受けることができます。

実際に、健康保険を利用するかどうかは、加害者との話合いの状況に応じて被保険者が選択するわけですが、健康保険を使用するときは、「第三者の行為による傷病届」を保険者(全国健保協会等または健康保険組合)に提出しなければならないことになっています。

この場合、保険者はその給付に要した費用を加害者または自賠責保険等の期間に請求して、とりもどすことになっており、被害者は保険給付をうけた限度で損害賠償の請求権がなくなります。

また、被害者(被保険者)が同一の事由について損害賠償をうけたときは、保険者は、その価格の限度で保険給付をしないことが出来ることになっています。

つまり、自動車事故でケガをした場合の健康保険の給付には、治療費と生活保障に相当する傷病手当金がありますが、被保険者が自動車事故の被害者として、治療費や生活補償にみあう賠償金を加害者から受け取ったときは、その範囲内で、健康保険の給付が受けられなくなります。

なお、国民健康保険、船員保険、共済組合などの医療保険でも、健康保険と同様の取扱いになります。

健康保険を使うメリットは、医療費を圧縮することができることです。

少しでも過失がある場合は、健康保険を使ってください。

健康保険でうけられる給付

保険給付した場合の求償権

被保険者の届出の義務

自賠法と後期高齢者医療保険等との関係

第三者行為と年金の調整

関連ページ:

当事務所の労災申請認定事例

通勤災害の場合の進め方

無料相談コーナー(2日以内の回答を心がけています。)

通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

相談会風景

愛知県ファミリー・フレンドリー企業

相談コーナー

Menu

社会保険労務士法人
愛知労務

愛知県豊川市中部町2-12-1
TEL:0533-83-6612
受付:午前9時〜午後5時

 

愛知県ファミリー・フレンドリー企業