社会保険労務士法人愛知労務

高次脳機能障害

交通事故などにより脳に損傷を負った場合、次のような症状が出ることがあります。

◇物の置き場所を忘れる、新しいできごとを覚えられないなどの記憶障害

◇ぼんやりしていて、ミスが多い、ふたつのことを同時に行うと混乱するなどの注意障害

◇人に指示してもらわないと何もできないなどの遂行機能障害

◇思い通りにならないと、大声を出す、興奮する、暴力を振るうなどの社会的行動障害

これらの症状により、日常生活または社会生活に制約がある状態が「高次脳機能障害」です。

従来は事故によって頭部を受傷し、認知障害や人格変性が生じたとしても、CTやMRIなどの画像で脳実質に血腫、挫傷痕などの異常が見られない場合は認められにくい状態でした。

ところが、近年脳に対する損傷の加わり方から頭部外傷を分類し、脳損傷を局在損傷とびまん性脳損傷に区分する学説が公表されました。

脳表面の形態的異常を画像によって確認できないにもかかわらず、明確に脳損傷による障害が生じることを認識させる「びまん性脳損傷」の存在にご注意ください。

お客様の声

労災申請認定事例

通勤災害に戻る

通勤災害の無料相談を実施しています。お気軽にご相談ください。メール相談はこちら

無料相談コーナー(2日以内の回答を心がけています。)

通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

Menu

社会保険労務士法人
愛知労務

愛知県豊川市中部町2-12-1
TEL:0533-83-6612
受付:午前9時〜午後5時

 

愛知県ファミリー・フレンドリー企業