社会保険労務士法人愛知労務

交通事故のむちうち症

むちうち症は、頭部に外力が加わり急激に振られたことによって、頭頸部症状を引き起こしているものです。

むちうち症、頚椎捻挫、頚部捻挫などと呼ばれることがあります。

症状としては首の痛みや不快感が多く、その他の症状は、原因や外力の大きさ、元々の頚椎の状態などにより、人によって異なります。受傷直後に症状が出ていなくても、数時間してから、または翌朝になって現れることも多いようです。

上記の急性期症状とは別に、慢性症状として、首の痛みや頭痛、めまい、手足のしびれ、耳鳴り、吐き気など様々なものがあります。

むちうち症が疑われる場合、MRIなどの画像診断、ジャクソンテストやスパーリングテストなどの神経学的検査、徒手筋力検査などが行われます。

むちうち症と関連する傷病として、頚椎損傷、頚椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、胸郭出口症候群などがありますが、これらは加齢や体質的素因によって発症する場合も多く、交通外傷との因果関係の立証が難しい場合もあります。

むちうち症の分類

むちうち症の検査

むちうち症の急性期の症状

椎間板ヘルニア

無料相談コーナー(2日以内の回答を心がけています。)

通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

相談会風景

愛知県ファミリー・フレンドリー企業

相談コーナー

Menu

社会保険労務士法人
愛知労務

愛知県豊川市中部町2-12-1
TEL:0533-83-6612
受付:午前9時〜午後5時

 

愛知県ファミリー・フレンドリー企業