40代の転職は思いとどまるべきか?_転職ナビ

質問:40代は転職を思いとどまるべきですか?

転職しようかどうしようか迷っている40代の男性です。

会社の業績が思わしくなく、人事が現在早期退職者を募っています。

会社の組織変更に伴い、技術職から営業職に異動になりました。

今の営業の仕事がうまくいかず、毎日憂うつな気分でいます。

今までずっと技術職だったため営業の経験は全くなく、仕事の要領が分からず時間ばかりかかってしまい、得意先に迷惑をかけることもあります。

子供がまだ小学生でこれから教育費がかかるため、このまま我慢した方がいいのかとも思い、迷っています。

転職サイトも毎晩見ていますが、40代では転職も難しいのではないかと思っています。

このまま今の会社で仕事を続けるか、もし転職するならどのようにすればいいかアドバイスをいただけないでしょうか?

回答:しばらく今の会社に勤務し、6か月から1年かけて転職の準備をしてください。

早期退職者を募っていますので、大勢の方が辞めていくと思われます。

技術職から営業職では、あまりにも仕事の内容が違うので、退職もやむなしと考える人は多いと思います。

会社の業績が思わしくないということであれば、抜けた人員の補充はされず、会社に残った人は忙しくなってくるはずです。

6か月から1年ほど様子を見ていれば、また会社の組織変更があるかもしれません。

その時に社内異動の希望を出すことを視野に入れてもいいかもしれません。

まずは今の会社に残り、しばらくの間、営業職の仕事を自分なりに前向きに捉えて取り組んでみましょう。

あなたのキャリアの中に「営業」という職種が加わることになり、転職する時に有利になります。

その後やっぱり自分には営業の仕事が向いていない、ということであれば、そこから転職の準備に取り掛かってもいいと思います。

会社に残るのか転職するのか、1~2か月で判断していきましょう。

あなたの心が転職する方向に決まりましたら、まずは今までの仕事の棚卸し、自己分析から取り掛かります。

あなたの強みを把握してから、どの職種に応募していくかを決めていきましょう。

どの職種のどのような会社を探して行くかが決まりましたら、まずはあなた自身でindeedやハローワークインターネットサービス、転職サイトなどを使って会社を探します。

応募先の会社はあなたの今までの仕事の経験を評価してくれます。

但し、40代の転職は相当厳しいことだけは覚悟しておいてください。
希望する年収レベルを下げないと、応募する会社も限られたものだけになってしまいます。

また、あまり応用のきかない職種である場合は、応募先が限定されてしまいますので、気長に探す必要があります。

早期退職制度の応募締め切りがありますので、それまでには結論を出す必要があります。

転職エージェントを使っていきましょう

履歴書や職務経歴書が出来上がった時点で、転職エージェント(有料職業紹介)を使っていきましょう。

転職エージェントは、あなたが応募先の会社から内定を獲得した場合に、その応募先の会社から転職エージェントに対して報酬が支払われる仕組みのため、あなたが支払うものは無く、無料で利用することができます。

そのため、まずは複数の転職エージェントに登録してみてください。

年齢や今までの職務経歴によっては登録でいないと言われてしまう会社もあるかもしれませんが、諦めずに色々な会社を当たってみてください。

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】

どの転職エージェントがあなたに合った会社の求人情報を持っているか分かりませんので、複数登録することをおすすめします。

また、退職してから転職先を探すには、40代ではとても不利になります。

小学生のお子さんもいらっしゃるとのことですから、生活の安定のためにもできる限り会社に在籍している間に、転職活動をしましょう。

転職先の内定が出るまでは早期退職者に応募するのは辞めた方がいいと思います。

早期退職制度の募集も、一次、二次とあるかもしれませんので、一次の締切りに間に合わない時は、二次の募集が出るまで待ちましょう。

転職サイトをいくつか登録して、40代でも転職できる会社をノートに書き出してみてください。

年齢不問となっている会社が大多数だと思いますが、実際には40代では厳しいと思っておきましょう。

ハローワーク求人などは、職業安定法の関係で原則年齢制限ができないことになっていますが、一定の条件を満たすとそれが緩和されています。

給与に関しても、今の会社でもらっている年収よりぐっと下がってしまうことを覚悟しておきましょう。

労働条件についてもこだわりが多すぎると応募できる会社すら見つかりません。

これだけは譲れないといった優先順位を自分の中で決め、絞り込んできましょう。

もしも退職してからの転職活動になってしまった場合、しばらくのんびりしてから…という考えは危険です。

履歴書に記載するブランク期間が長くなればなるほど、ますます就職が難しくなってきます。

ちなみに私は40歳になる時に転職をしましたが、収入は転職前に比べて下がってしまいました。

転職先の会社は、損害保険代理店の特別研修生という身分での採用でした。

特別研修生は、3年間営業を頑張ると代理店になれるという制度ですが、とても厳しい制度です。

3年間頑張って代理店になった時は、一緒に研修生になった人の5人のうち4人は途中で退社していました。

私はなんとか損害保険の代理店になれましたが、その時点での収入は前の会社時代の年収の6割ほどしかありませんでした。

私にも子供が二人いましたから、家族のために社会保険労務士試験の勉強に必死になって取り組みました。

社会保険労務士に合格してからは、保険代理店と社会保険労務士の二足の草鞋を履いてやっていくことになりました。

3年目から、やっと前の会社の年収を上回ることができるようになりました。

どこかでリスクを取る行為をしないと、40歳を超えてからの転職は厳しいかもしれません。

早期退職

 業界によっては、人員削減や事業改革のため、特定の部署や年齢の社員を対象に早期退職を募るところもあります。

リーマンショック直後の2009年、新型コロナウイルスの影響で2020年などは特に業績が悪化した企業が多く、早期退職を募った企業も多くありました。

早期退職を募るとき、会社側からは退職金の上乗せなどのメリットが提示されると思います。

業績が悪化しつつある会社にこのまま残るのか、それとも年収が下がることを覚悟のうえで転職をするのか、ここが分岐点です。

転職の道を選択した場合は、今の会社に在籍している間に、早め早めに転職活動を進めていきましょう。

転職直後に年収が下がってしまっていても、新しい職場で前向きに仕事に真摯に取り組んでいきましょう。

あなたの仕事ぶりは必ず評価され、年収はきっと上がっていくことと思います。


ご相談は、下記バナーからお願いします。

文責 社会保険労務士 松井 宝史 2022.09.06

目次

仕事探しの方法

転職面接

求人応募までの準備

応募書類突破法

転職面接の準備

面接で聞かれる質問

転職・求人サイト情報

退職の準備

パワハラなんて無くなれ

運営者情報

サイトマップ

当サイトはリンクフリーです。管理人の許可なく自由にリンクを張って頂いて問題ございません。