30歳代の女性の転職_まつろむ流転職の考え方

30歳代の女性の転職

女性の就業に関しては、結婚、出産に伴う離職を示すいわゆるM字カーブ問題が指摘されます。

30歳代の女性の就業率がぐっと落ち込む現象で、ローマ字の「M」のようにみえることからこのように呼ばれています。

現在では、M字カーブ問題は解消されつつあるそうです。

その背景として、女性の未婚率の上昇と、既婚女性の就業率が上昇していることが挙げられます。

Winな女性の転職『ウーマンウィル』人材紹介のマイナビエージェント

私どもの社会保険労務士事務所で職員の求人(事務職)を出す場合、パートタイマーの募集をします。

そうしますと、お子さんが大きくなって手が離れてきた年代の35歳~39歳の既婚女性の方からの応募が多くあります。

女性の場合は、就業、結婚、出産、子育て、そして就業というライフコースをたどることが多く、子育てがひと段落した後の就業は、パートタイマーなどの非正規雇用が多くなります。

育児・介護休業法について

その後、会社によっては正社員への道を用意したり、転職して正社員雇用されるというパターンになります。

よく、転職するために何か資格をもっているといいですか?と聞かれますが、事務職であれば、ワードやエクセルが上手に使いこなせると何かと有利になります。

パソコンスクールで勉強をするのもいいですし、本を買ってご自宅で独学するのもいいと思います。

独学するにはFOM出版の本をお勧めします。

転職先での定着が大事

30歳代の方が事務職で転職を希望する場合は、転職先の職場にうまく定着できるかどうかが大事です。

学校を出て事務職で経験を積んだ方は、ワードやエクセル、インターネットなどの技能はある程度お持ちだと思います。

私の事務所(社会保険労務士事務所)では、採用面接の時に「行動特性分析」の簡易な適性検査を実施しています。

職場で他の職員とうまく協調性をもって仕事ができるかを確認するためです。

「長期的にわたる安定的な信頼関係を築く力」と「人に敏感に反応し、協調し、サポートする力」の得点が高い人を採用しています。

転職をする際には、今までの技能のブラッシュアップと転職先での定着が上手に行えるような心構えを持つことが大事になってきます。

退職の準備に戻る

目次

仕事探しの方法

転職面接

求人応募までの準備

応募書類突破法

転職面接の準備

面接で聞かれる質問

転職・求人サイト情報

退職の準備

パワハラなんて無くなれ