65歳以上の雇用保険の特例_まつろむ流転職の考え方

65歳以上の雇用保険の特例

令和4年1月1日から、65歳以上の労働者を対象にマルチジョブホルダー制度が新設されました。

雇用保険制度は、主たる事業所での労働条件が週の所定労働時間が20時間以上かつ31日以上の雇用見込み等の適用要件を満たす場合に適用されます。

新設の雇用保険マルチジョブホルダー制度は、複数の事業所で勤務する65歳以上の労働者が、そのうちの2つの事業所での勤務を合計して下記の加入要件を満たす場合に、本人からハローワークに申出を行うことで、申出を行った日から、特例的に雇用保険の被保険者(「マルチ高年齢被保険者」といいます。)となることができる制度です。

雇用保険マルチジョブホルダー制度における雇用保険の加入要件は?

以下の要件をすべて満たすことが必要です。

①複数の事業所に雇用される65歳以上の労働者であること。

②2つの事業所(1週間の所定労働時間が5時間以上20時間未満であるものに限る。)の労働時間を合計して1週間の所定労働時間が20時間以上であること

③2つの事業所のそれぞれの雇用見込みが31日以上であること。

なお、雇用保険に加入できるのは2つの事業所までです。

また、2つの事業所は異なる事業主であることが必要です。

通常の雇用保険は加入要件を満たすと必ず加入しなければなりませんが、本制度も同様の取扱いでしょうか?

通常の雇用保険とは異なり、要件を満たすと必ず加入しなければならないわけではなく、本人が加入を希望してハローワークに申出した場合に初めて加入となります。

事業所は、要件を満たす者から加入の申出があった場合は、加入対応が必要となります。

通常、雇用保険の資格取得手続は事業主が行いますが、この制度においては、適用を希望する本人が手続を行う必要があります。

また加入日は、申出をする本人が住所・居所を管轄するハローワークに申出した日となり遡及加入はできません。

はたらいく


退職の準備に戻る

目次

仕事探しの方法

転職面接

求人応募までの準備

応募書類突破法

転職面接の準備

面接で聞かれる質問

転職・求人サイト情報

退職の準備

パワハラなんて無くなれ