30歳代の男性の転職_まつろむ流転職の考え方

30歳代の男性の転職

30歳代の男性の転職の場合、20歳代の異なる業界への転職と違って、今まで経験した業界への転職を希望する方が多くなってきます。

30歳代の男性の転職は、同業界が多い

30歳代ともなると、今までの経験やスキルを10年以上も積み上げています。

その業界での経験やスキルを次の転職先でも活かせるということで、同業界の転職が増えてきます。

また採用する会社側も、その経験やスキルを活かしたいと考えて採用をしていきます。

それ以外に、同職種という点で、例えば営業としての経験を積んだ人が、違う業界の営業職に転職することもあります。

30歳代の男性の転職で押さえておきたい点は、同業界への転職の場合は、自分の持っている知識とスキルを洗い出しておくことです。

そして、その知識とスキルが役に立つ(いわゆる使い物になる)会社をうまく探し出す必要があります。

一般的には、年齢が高くなればなるほど、面接してもらえる会社の数が減ってきます。

私は、39歳の時に、転職をしました。

今までの経験やスキルが活かせる転職ではありませんでした。

損害保険の代理店研修生という職種でした。

30歳代では、無謀な転職は慎むべきだと思いますが、40歳代の転職で必要な「人脈」は作ってきました。

40歳代は、人脈が重要となってきます。

30歳代のあなたの転職がうまくいくことをお祈りしています。

新しい人生にチャレンジすることを応援しています。

はたらいく


仕事探しの方法に戻る

目次

仕事探しの方法

転職面接

求人応募までの準備

応募書類突破法

転職面接の準備

面接で聞かれる質問

転職・求人サイト情報

退職の準備

パワハラなんて無くなれ