社会保険労務士法人愛知労務

労災保険と交通事故

文責 社会保険労務士 松井 宝史 2020.07.30

自動車事故でケガをした場合

第三者行為災害届

被害者救済という観点からすれば、病院側から交通事故による負傷の治療について労災保険や健康保険の利用をしないように言われることがあっても、極力、労災保険や健康保険を利用したい旨を病院側に申し入れ、労災保険や健康保険を利用すべきです。

特に過失が大きい場合ほど、労災保険や健康保険を使わないと損をします。

それは、被害者と加害者との過失割合及び過失相殺の問題が後で影響してくるからです。何故ならば、過失の割合の大きい被害者は過失相殺をする時に治療費についてもその過失相殺があるからです。

尚、第三者行為災害届を会社を管轄している労働基準監督署や最寄の年金事務所に提出することが必要です。

労災保険の場合(第三者行為災害届)

健康保険の場合(第三者行為災害届)

厚生年金・国民年金の場合(第三者行為災害届)

関連ページ:

労災認定事例

交通事故にてお怪我された場合の流れ(通勤災害、業務災害)

通勤災害用語集

無料相談コーナー(2日以内の回答を心がけています。)

労災申請につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

無料相談会風景

愛知県ファミリー・フレンドリー企業

Menu

社会保険労務士法人
愛知労務

愛知県豊川市南大通5丁目41-1
スカイシティ・イシハラ201号
TEL:0533-83-6612
受付:午前9時〜午後5時

 

愛知県ファミリー・フレンドリー企業