豊川・豊橋で障害年金でよく頂く質問を解説しています

障害年金申請でよく頂く質問について

文責 社会保険労務士 松井 宝史 2020.08.11

障害年金の相談でよく聞かれる内容について

豊川・豊橋地区で障害年金の相談を実施しています。

どうぞ、どんな些細なことでも結構ですのでご相談ください。

電話でご相談ください

無料メール相談

目次(よく頂く質問)

障害年金の対象となる病気やケガにはどのようなものがありますか?

障害基礎年金はどのようなときに受けられますか?

診断書作成にあたって注意する点はどのようなことでしょうか?

業務上の事故の場合、労災保険による障害の年金を受けられますが、厚生年金保険の障害厚生年金も受けられますか?

交通事故で障害が残った場合、障害年金は請求できますか?

うつ病などの精神障害で障害年金を請求する時に用いるICD-10コードとは何ですか?

健康診断で異常が発見されました?

知的障害を持つ子は障害年金は申請できますか?

初診日と納付要件はどうか?

Q:質問内容1:障害年金の対象となる病気やケガにはどのようなものがありますか。

回答です:障害年金は、年金加入中の病気やケガによって生活や仕事などが制限されるような状態になった時に、請求することができます。

障害年金の対象となる病気やケガは、手足の障害、脊髄の障害などの外部障害のほか、精神障害やがん、心臓病、腎臓病などの内部障害も対象になります。

病気やケガの主なものは次のとおりです。


1.外部障害

眼、聴覚、肢体(手足など)の障害など

2.精神障害

統合失調症、うつ病、認知障害、てんかん、知的障害、発達障害など

3.内部障害

呼吸器疾患、心疾患、腎疾患、肝疾患、血液・造血器疾患、糖尿病、がんなど

 

相談風景

電話でご相談ください

無料メール相談

Q:質問内容2:障害基礎年金はどのようなときに受けられますか?

回答です:障害基礎年金は、次の1.または2.に該当する方が受けることができます。


国民年金に加入している間、または60歳以上65歳未満(年金制度に加入していない期間)で日本国内に住んでいる間に、初めて医師または歯科医師の診療を受けた日(これを「初診日」といいます。)がある病気やケガがもとで一定以上の障害が残り、障害の年金を受けられる保険料の納付要件を満たしているとき。

20歳前(年金制度に加入していない期間)に初診日がある病気やケガがもとで一定以上の障害が残ったとき。(2.に該当する方は、保険料の納付要件はありません。)

※先天性の病気などにより20歳前から障害がある方はこちらもご覧ください。

受けられる年金には1級と2級があり、障害の程度によって決められます。

先天性の病気などにより20歳前から障害がありますが、障害基礎年金を受けることができますか。

先天性の病気などにより20歳前から障害がある方は、次の1.または2.に該当し、かつ法令で定める障害の状態に該当する場合には障害基礎年金を受けることができます。

症状が出現し、初めて医師または歯科医師の診療を受けた日が、20歳前(年金制度に加入していない期間)にある場合。

※出生直後に、あるいは乳幼児期の健康診断(6ヶ月~3歳時健診)、または養護学校、更生相談所等の各種検査のいずれかにおいて、医師または歯科医師の診断により、20歳までに障害が確認されている場合や、療育手帳等が交付されている場合を含みます。

症状が出現し、初めて医師または歯科医師の診療を受けた日が、国民年金に加入している間または60歳以上65歳未満(年金制度に加入していない期間)で日本国内に住んでいる間にあり、かつ保険料の納付要件を満たしている場合。 

受けられる年金には1級と2級があり、障害の程度によって決められます。

相談風景

電話でご相談ください

無料メール相談

Q:質問内容3:診断書作成にあたって注意する点はどのようなことでしょうか?

回答です:診断書は、いくつかの様式があり、病気やケガの種類によって様式が異なります。

ご注意してください。

診断書は、障害認定日(原則は、初診日から1年6か月経った日)から3か月以内の現症日のものを、そのとき診察を受けていた病院の先生に証明をしてもらいます。

ただし、20歳前障害基礎年金の診断書については、障害認定日前後3か月以内の現症日のものを、病院の先生に証明をしてもらいます。

遡及して請求をする場合:

年金請求日と障害認定日が1年以上離れている場合は、年金請求日以前3か月以内の現症日のものを一緒に提出します。

事後重症の場合:

請求日以前3か月以内の現症日のものを提出します。

相談風景

電話でご相談ください

無料メール相談

Q:質問内容4:業務上の事故の場合、労災保険による障害の年金を受けられますが、厚生年金保険の障害厚生年金も受けられますか?

回答です:厚生年金保険に加入している間にかかった病気やケガがもとで一定以上の障害が残り、障害の年金を受けられる保険料の納付要件を満たしているときは、病気やケガの原因が業務上か否かにかかわらず、障害厚生年金を受けることができます。

通勤途中の事故の場合も同様です。

受けられる年金には、1級、2級、3級があり、障害の程度によって決められます。

ただし、障害厚生年金を受けられるときは、労災保険による障害年金の一部が止められます。

請求日以前3か月以内の現症日のものを提出します。

相談風景

電話でご相談ください

無料メール相談

Q:質問内容5:交通事故で障害が残った場合、障害年金は請求できますか?

回答です:交通事故が原因で重い障害が残った場合、障害年金が請求できます。

その時に、添付する書類は、下記のものです。

①第三者行為事故状況届

②交通事故証明書(交通事故証明書が取れない場合は、事故の内容が分かる新聞のコピー等)

③確認書(日本年金機構の所定様式)

④同意書(日本年金機構の所定様式)

⑤すでに損害保険会社の支払いが決定している場合は、決定済みの損害賠償額の分かる書類

相談風景

電話でご相談ください

無料メール相談

Q:質問内容6:うつ病などの精神障害で障害年金を請求する時に用いるICD-10コードとは何ですか?

回答です:うつ病などの精神障害で障害年金を請求する時に用いるICD-10コードとは何ですか?

ICD-10コードとは、うつ病などの精神障害の障害年金を申請する際に、精神の障害用診断書の傷病名記載欄の下部に記入するコードです。

ICD(国際疾病分類)とは、WHO(世界保健機構)から勧告された統計分類で、疾病、傷害および死因の統計を国際比較するために用います。

ICDは、現在第10回改訂版(ICD-10コード)が使われており、精神の傷病はF00からF99の100種類に分類されています。

例えば、統合失調症はF20、双極性感情障害(躁うつ病)はF31, うつ病エピソードはF32などとなっています。

F40番台は、障害年金の決定が難しい傷病とされており、不安障害、強迫性障害、適応障害、神経症性障害などのF40番台の傷病は、他の精神疾患も持ち合わせている場合を除き、原則として認定の対象外です。

相談風景

電話でご相談ください

無料メール相談

Q:質問内容7:健康診断で異常が発見されました?

回答です:会社の健康診断で異常が発見されました。障害年金を申請しようと思います。

健康診断を受けた日を初診日とするかどうかは、日本年金機構の方で個別に判断されるようです。

健康診断日は、治療目的で病院を受診した日ではないので、原則として初診日としないことになるそうです。

ただし、初めて治療目的で病院を受診した日の証明が取れない場合などは、本人から健康診断日を初診日とする申し立てがあれば、健康診断日を初診日として扱ってくれます。

上記の場合は、もし健康診断日が初診日と認められても、障害認定日時点で病院に行っていなければ、最近の診断書(請求書提出日以前3か月以内)を添えて、障害厚生年金の事後重症請請を行うことになります。

相談風景

電話でご相談ください

無料メール相談

Q:質問内容8:知的障害を持つ子は障害年金は申請できますか?

回答です:20歳前に初診がある病気の場合は、20歳前障害基礎年金の請求ができます。

知的障害の方の障害基礎年金の障害認定は、知能指数のみに着眼することなく日常生活のさまざまな場面における援助の必要度を勘案して総合的に判断されます。

子供さんが20歳になった時に、「20歳前障害基礎年金」の請求をすることになります。

診断書は20歳前後3か月以内のものを使うことになります。

早目に診断書を手に入れて、主治医の先生の予約を取っておくことをおすすめします。

療育手帳保持者は、受診状況等証明書(初診証明)が不要です。

療育手帳を早目に取得しておいてください。

尚、保険料納付要件は不問ですのでご安心ください。


相談風景

電話でご相談ください

無料メール相談

Q:質問内容9:初診日と納付要件はどうか?

回答です:平成25年8月に会社を退職し、平成26年1月に脳梗塞を発症しました。その当時、年齢は55歳でした。今現在も、左半身が麻痺していて仕事につけません。

発症当時、会社は退職していたので、厚生年金保険に加入しておらず、また国民年金保険も手続きを忘れて未納にしていました。

平成25年8月より前の期間は、厚生年金保険に通算して15年加入していました。その他の期間は、自営業で国民年金保険料は未納にしていました。
この条件で保険料納付要件はどうでしょうか?

脳梗塞を発症した平成26年1月時点では、厚生年金に加入しておらず、国民年金保険も未納となっているので「初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと」の要件を満たしていません。

また、「初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の3分の2以上の期間について、保険料が納付または免除されていること」の要件も満たしていません。

よって、保険料納付要件を満たしていないので、障害基礎年金、障害厚生年金の両方とも受給できません。


相談風景

電話でご相談ください

無料メール相談