令和の年金大改正

令和の年金大改正

60歳からもらう方法(繰り上げ)

66歳~75歳からもらう方法(繰り下げ)

加給年金の支給停止の規定の見直し

在職定時改定の導入

在職老齢年金制度の見直し

ねんきんネットの使い方

繰下げ受給をするかどうか(私案)

繰上げ受給

年金は、受給開始の年齢を65歳より前に繰り上げてもらうことができます。

60歳から64歳までの期間に受給開始をすることです。

これを「繰り上げ受給」といいます。

繰り上げ受給は、繰り上げて受給開始をする時期の応じて年金額が減額されます。

65歳時点でもらう年金額より、早くもらう分少なくなることになります。

令和の年金大改正で、この繰り上げ受給による減額の割合が改正されました。(減額率の改正)

改正前の減額率は、1か月ごとに0.5%減少しましたが、改正後は0.4%減少(但し、昭和37年4月2日以降の生まれの方が対象です)と緩和されました。

今までは、1月で0.5%減少でしたので、60歳受給開始すると30%の減額でしたが、改正後は0.4%減少となり、60歳受給開始だと24%減少となりました。

昭和37年4月2日以降生まれの人

繰り上げ受給で減額率が0.5%から0.4%になる昭和37年4月2日以降の生まれの人が、丁度60歳になってきました。

私も1名、繰り上げ受給の手続きをさせていただいた方がいます。

その方は、「不確実な時代なのでもらえるものは早くもらっておこう」と言われました。

明日、突然交通事故で亡くなるかもしれませんよね!とも言われました。

健康上の理由で、減額されてもいいので早くもらいたいという人もいるでしょう。

また、60歳以降の収入が少なくて生活が厳しいので、年金を早くもらって生活の足しにしたいという人もあると思います。

繰上げ受給は60歳から65歳になるまでの間に請求することができます。

ただし、繰上げ受給の請求をした時点(月単位)に応じて、本来の受給開始日までの月数毎に年金が減額され、その減額率は生涯変わりません。
この減額率が令和4年4月より変更となりました。

昭和37年4月1日以前生まれ

【従前どおり】繰り上げた月数×0.5%減額(最大30%)

昭和37年4月2日以降生まれ

【変 更】  繰り上げた月数×0.4%減額(最大24%)

 

昭和37年4月2日以降生まれの場合
2022年4月以降

 

昭和37年4月1日以前生まれ
変更無し(従前どおり)

受給開始年齢

減額率

繰上げの方が合計額が多いのは

受給開始年齢

減額率

繰上げの方が合計額が多いのは

60歳

24%

80歳10か月まで

60歳

30%

76歳8か月まで

61歳

19.2%

81歳10か月まで

61歳

24%

77歳8か月まで

62歳

14.4%

82歳10か月まで

62歳

18%

78歳8か月まで

63歳

9.6%

83歳10か月まで

63歳

12%

79歳8か月まで

64歳

4.8%

84歳10か月まで

64歳

6%

80歳8か月まで

 

繰り上げ受給の注意点

繰上げ受給を請求する場合の注意事項

①繰上げ受給の請求をした時点(月単位)に応じて年金が減額され、減額率は生涯変わりません。

②老齢基礎年金と老齢厚生年金は合わせて繰上げ受給の請求をする必要があります。

③日本年金機構と共済組合等から複数の老齢厚生年金を受け取ることができる場合は、すべての年金について同時に繰上げ受給の請求をしなくてはなりません。

④65歳になるまでは、遺族厚生(遺族共済)年金と繰り上げた老齢基礎年金を同時に受け取ることはできません。

⑤そのほか、以下の点にご注意ください。

・障害の程度が重くなった場合に、障害基礎年金を受け取ることはできません。

・寡婦年金を受け取ることはできません。

・国民年金に任意加入することや、保険料を追納することはできません。

・繰上げ受給を取り消すことはできません。

目次

繰下げ受給

加給年金と振替加算

在職老齢年金

在職定時改定

ねんきんネット

遺族厚生年金

当サイトはリンクフリーです。管理人の許可なく自由にリンクを張って頂いて問題ございません。