通勤途中の交通事故 労災保険申請

自賠責で等級が認定されない時

文責 社会保険労務士 松井 宝史 2021.08.1

通勤途中に交通事故に遭った場合

通勤途中の交通事故で、追突事故にあった場合、治療を続けても神経症状が残る場合があります。

その時は、普通は、自賠責保険に対して後遺障害の等級の認定を申請していきます。

痛みがあるのに後遺障害を申請しても認定されない場合も結構たくさんあります。

そのような場合、自賠責保険に異議申し立てをしていくことになりますが、通勤災害などの場合は、労災保険に障害の申請をしていくという選択肢もあります。

治療が終わっても、まだ痛みが残っている場合は、労災保険に申請も視野に入れてください。

手続きの流れは、下記のようになります。

①労災保険の障害給付の申請書を作成する。

②治療をしていただいた医師に対して「診断書」(労災保険専用の用紙があります)を書いてもらう。

③相手がある交通事故の場合は、「第三者行為災害届」を作成する。

④現在の症状を記入する「身体の症状に関する申立」を記入する。

全ても書類を自分で用意するのは、相当しんどいことと思います。

そのような時は、労災保険の申請を専門にしている社会保険労務士に依頼をすることをお勧めします。

また、自賠責保険で認定された等級が、自分で思っていた等級よりも低い場合は、労災保険にも申請してみるという方法もお勧めします。

私どもの事務所にも、高次脳機能障害で自賠責保険で7級になった方を、弁護士の先生から紹介をしていただき、労災保険の障害申請をお手伝いさせていただいた方がいます。

現在、労働基準監督署で等級の認定中になっています。

また、労災保険独自の給付もあります。

労災保険申請の5つのメリットを参照してください。

通勤災害はお任せ下さい

電話でご相談ください

無料メール相談


 

通勤災害の申請はお任せください

 

後遺障害等級表

社会保険労務士法人愛知労務