求人応募までの準備_まつろむ流転職の考え方

求人応募までの準備

転職の心構え

転職活動をするあなたに、お伝えしておきたい心構えがあります。

それは、前向きな気持ちで臨んで欲しいということです。

転職を決めた理由には様々なものがありますが、「前の職場の人間関係が悪かったから」とか「やりたくない仕事をやらされたから」等のネガティブな理由であることも多いものです。

ですが、ネガティブな気持ちを引きずっていては、気持ちが疲弊していってしまいます。

ネガティブな考えを反転させ、ポジティブな理由で転職活動に臨んでください。

「〇〇が嫌だった」という理由を、「次は〇〇な職場で働きたい」といった前向きな理由に言い換えてみてください。

あなたの転職活動そのものが、前向きなものになっていくはずです。

キャリアの振り返り

転職の第一歩は、自己分析です。今まで自分がしてきた仕事(キャリア)を振り返るのです。

まずは一冊ノートを用意し、今までの仕事を書き出していきます。

それが終わったら、あなたの印象に残っているエピソード、特に頑張ったこと、周りから褒められたこと、自身の成長を感じられたことなどを思いつくままに書いていきます。

このときポイントとなるのは、自分がどのような思いでその仕事に取り組んだのか、それによってどのような学びを得たのかを整理しておくことです。

面接でそれらを話すときは、具体的なエピソードを交えて話すと、相手に伝わりやすくなります。

エピソードは、必ずしも成功体験である必要はありません。

失敗したことであっても、そのことであなたが何を学んだか、次にどう活かしたのかを話すことができれば、あなたが自分から積極的に考え、動ける人間なのだと証明することができます。

弱みを強みに変える

自己分析をしていくうちに、「自分には苦手な分野がある」「〇〇の知識やスキルが足りない」「過去にこんな失敗をしてしまった」などの弱みが出てくるかもしれません。

こんな自分でも、転職に成功できるだろうか、と不安な気持ちになってしまうかもしれません。

しかし、自分の弱みに気付くことができたことはチャンスです。

弱みを強みに変えていきましょう。

あなたが志望する会社での仕事をするにあたって、必要だったり役立ちそうな能力、スキルを調べてみてください。

そしてそれらがあなたに欠けているのであれば、補っていけばいいのです。

資格を取得することができたら素晴らしいですが、そうでなくても書籍で勉強したり下調べをすることも大切な努力です。

面接において「〇〇の資格を取りました。」ですとか、「独学ではありますが〇〇を勉強中です。」と伝えることができると、あなたが本気でこの会社に入って仕事に取り組みたいという熱意を伝えることができます。

また身に付けた知識やスキルは、入社後に実際に仕事をしていくうえで大変役に立ちます。

過去に失敗をしてしまったというエピソードも、必ずしも評価を下げるとは限りません。

仕事に一生懸命取り組み続けてきたのであれば、誰にでも失敗はあります。

大事なのはその失敗から学びを得、それを次に活かすことができたかどうかなのです。

面接において成功体験ばかりを話すよりも、失敗を糧に成長できた体験を話せると、説得力が増すということもあります。

一見すると弱みに見えてしまうことも、強みに変えていきましょう。

それがあなたにとって、転職活動そのものにも、そして入社後に仕事をしていくうえでも大変役に立つと思います。

企業研究(ホームページ)

面接に挑むときは、ほとんどの人が応募先の企業のホームページをチェックされていると思います。

そのため、ホームページをさらっと見て終わり、では他の応募者と同じです。

最近では「当社のホームページを見た感想を教えてください」と面接で聞かれることもあります。

ホームページは情報の宝庫ですから、隅々までしっかり目を通しておきましょう。

また、同業他社のホームページもチェックし、応募先の会社と比較しておくのもお勧めです。

面接では、「同業他社ではなく当社に応募した理由を教えてください」と聞かれることがあります。

そんなときに他社のホームページもよく読み込んでおくことで、「比較の結果、他社にはない〇〇という点に魅力を感じました。」と伝えることができるようになります。

志望動機にぐっと説得力が増し、他の応募者と差をつけることができます。

企業研究(仕事の内容)

求人会社のホームページを素材にして、さらに掘り下げましょう。

その会社の持つさまざまなキーワードを、改めて検索エンジンで調べてみましょう。

社名から始まって、社長や役員の名前や取引先会社名などを調べてみると、会社の公式サイトには載っていない情報に行きあたることがあります。

また、事業内容や仕事内容の記述によくわからない専門用語があったら、それらも調べておくことをお勧めします。

面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれた際、企業研究をしたときに生まれた疑問点を質問すると、「この人はうちの会社のことをよく知ろうとしてくれているな」「入社したいという意欲が感じられるな」と好意的に見てもらえるかもしれません。

企業研究(現地に行ってみる)

インターネットで調べられる情報というのは、言い換えれば他の応募者も知ることができる情報です。

そこで、一度実際に現地に行って、自分の目で確かめることをおすすめします。

お店やショールームなどがある会社であれば、必ず訪問してみてください。

面接に来た時点で一度もお店を見たことがない人は、問答不要で不採用にする会社もあります。

お店などがない会社の場合は、面接で訪れたときにオフィスを観察する方法もありますが、面接前や応募前に雰囲気をつかんでおきたい場合は、会社の付近で張り込み調査をしてみてはいかがでしょうか。

会社の前に1週間くらいいれば、その会社の実態は見えてくるものです。

どんな人が、朝は何時頃に出社し、夜は何時頃に帰っていくのか。

残業は多いのか。社員の顔はイキイキしているか。

応募する前に、残業時間の多いいわゆるブラック企業であるか否かを見極めることもできます。

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

目次

仕事探しの方法

転職面接

求人応募までの準備

応募書類突破法

転職面接の準備

面接で聞かれる質問

転職・求人サイト情報

退職の準備

パワハラなんて無くなれ

運営者情報

サイトマップ

当サイトはリンクフリーです。管理人の許可なく自由にリンクを張って頂いて問題ございません。