仕事探しの方法(求人の見つけ方)_まつろむ流転職の考え方

仕事探しの方法(求人の見つけ方)

あなたが次の仕事を探すための様々な仕事探しの方法をまとめました。

参考にしていただき、転職が成功することをお祈りします。

私が経験してきた転職の方法も載せています。

はたらいく

30歳代の女性の転職

30歳代の男性の転職

20歳代の転職活動

無料相談

①ハローワーク求人

一番知られているのは、ハローワークの求人です。

現在はハローワークに行かなくても「ハローワークインターネットサービス」を使えば、ネットで探すことができます。

失業中の方と、まだ会社に籍があって仕事を探している転職組の方と2通りに分かれると思います。

転職組は、どういう立場であっても、何らかの形で自分自身の働きたい条件で求人情報を検索すると思います。

その意味では、ハローワーク求人は、希望している職種、地域で検索して大体の当たりをつけるのに一番いい媒体だと考えています。

特に地方都市においては、中堅どころの優良企業の求人が多く出ているので、大企業でなくてもという方にはお勧めです。

厚生年金の支給開始年齢の繰り下げという話が出ています。

65歳支給開始が70歳となる日も近いと考えます。

それによって、職業人生70歳という時代もまもなく出現してきます。

大企業に入社して、55歳役職定年で子会社に出向という道を選ぶよりも、中堅企業に入社して、70歳、75歳まで働く方が良いと考える人も出てきています。

ハロートレーニング(公共職業訓練)

②求人誌、求人紙

新聞の求人広告欄や折込チラシなどを言います。また、フリーペーパーなどの求人誌(TOWN WORKなど)です。

求人誌で求人を探すメリットは、あなたが住んでいる地域で働きたい場合、その地域の求人が掲載されていることです。

駅やコンビニなどに置いてあるので、一度は手に取って気になる会社があれば見ておいてください。

私もたまにTOWN WORKを大きな駅で見かけた時には、家まで持って帰って、どこの会社が求人をしているかチェックしています。

毎回毎回掲載している会社は、なかなか人が集まらないんだなあと思っています。
(人の出入りが多い会社だと思っています。)

求人誌のいいところは、紙媒体なのでいつでも見れることです。

気になった会社があれば、ハサミで切り取って紙に貼って保存しておくのもいいですね。

私が以前勤めていた会社も求人を求人誌に出していましたが、3回ほど連続して出した後は、少し掲載を止めていました。

新聞の求人欄もここに入ります。

日経転職版は、注目の企業に直接応募できる求人が多数掲載されています。

年収800万円以上のハイクラス求人や、部長級の募集も載っています。

Web版もあります。

③Web媒体

マイナビやリクナビ、IndeedなどのWeb求人サイトです。

はたらいく

ハローワーク求人や求人誌と違って、情報量が多く掲載されているので、仕事内容や職場の雰囲気などもよく分かります。

ハローワーク求人や求人誌で目星をつけた会社を検索して、情報を再確認するのにうってつけです。

私の事務所(社会保険労務士法人愛知労務)で求人を出す場合は、Indeedに掲載する方法を取っています。

スマホで24時間見れるようになっているので、転職組の人にはとても便利です。

スマホで検索して、転職希望の会社を絞り込んでいく方法がベストだと思っています。

第二新卒AGENTneo(第二新卒24歳~27歳に強いWeb媒体です)

Web求人サイトに掲載されているあなたが転職したいと考えている業界・業種の情報を集めることによって、労働条件や職務内容などの相場感がつかめることもメリットです。

Winな女性の転職『ウーマンウィル』人材紹介のマイナビエージェント (女性専門の求人サイトです)

④転職エージェント(人材紹介)

転職エージェントやキャリアコンサルタントなどと呼ばれている人材紹介会社の担当者にあなたが希望している条件の会社を紹介してもらう方法です。

有料職業紹介をする会社です。

あなたが転職エージェントに転職先を紹介してもらった場合、転職先の会社が転職エージェントに対して紹介手数料を支払います。

あなたが転職エージェント経由で就職した場合、年収の35%近い報酬がエージェントの会社に支払われます。

あなたが支払うものはありません。

転職先の会社が一般には公開したくない求人(いわゆる非公開求人)なども扱っているので、転職エージェントを使うメリットは大いにあります。

複数の会社に登録することもできますので、利用することをお勧めします。

職業紹介とは

また、転職エージェントは転職サポートの中で、業務経歴書の作成方法や面接対策のアドバイス、サポートを行ってくれます。

但し、この過程をすっ飛ばしてすぐに履歴書や職務経歴書の提出を求め、応募先を紹介してくる人もいますので、注意してください。

あなたにぴたっと相性が合う転職エージェントに巡り合えば、転職サポートをお願いすれば、とても心強いことだと私は考えています。

ただし、転職エージェントもビジネスで転職サポートを行っています。

早く企業に内定を出させて、早く報酬を獲得したいという考えで行動をする場合もありますので、複数の転職エージェントの方にサポートしてもらうのが良いでしょう。

いわゆるセカンドオピニオンのようなアドバイスをいただくこともいい考えだと思います。

転職エージェントの方の中には、特定の業界や業種に強い方もいますので、大規模だけでなく中小規模の転職エージェント会社を見つけることも必要です。

あなたと相性が合い、「信頼」できる転職エージェントにサポートしてもらうのがベストです。

関連サイト:

初めて転職エージェントを利用しました。

⑤縁故採用

あなたの友人、知人、取引先などの人脈から、会社を紹介してもらう方法です。

転職活動の中で、この縁故採用が非常に大きなウエイトを占めていると言われています。

私も、大学を卒業して入った最初の会社と3番目、4番目に入った会社は、この縁故採用でした。

若者の離職

昭和51年頃は世の中の景気が落ち込んでいて、文学部出身の私は、就職活動に大変苦戦しました。

大阪の会社、東京の会社、地元の愛知の会社と多くの会社の面接試験を受けましたが、ことごとく「不採用」となってしまいました。

大学4年生の12月末までは、採用内定をいただいた会社は1社もなく、これはいよいよ就職浪人をするしかないと腹をくくっていました。

そんな私の窮状を見かねた母親が(その頃は既に父親は病気で亡くなっていました)、知人から1社紹介を頂き、その会社の総務課長の自宅まで挨拶をしに伺うことになりました。

そこで採用内定を頂き、採用面接というものはありませんでした。

3番目に入社した会社も縁故採用でした。

2番目の会社を辞めてから(この会社は3週間で辞めてしまいました)、教員試験を受けるために勉強をしていました。

高校の社会科の先生になりたかったのですが、愛知県、神奈川県、千葉県と3県の試験を受験し、一次試験で不合格となってしまいました。

その後は、3か月ほど何もしない生活を送っている時、やはり母親の知人から1社紹介を頂きました。

自宅から歩いて3分の所にある会社でした。

本社は愛知県名古屋市にあるのですが、出張所を新規に出すということで、地元採用の枠が2名あるということでした。

応募した私ともう1人の方も縁故採用だったそうです。

その会社では営業の仕事に打ち込んでいましたが、入社後1年6か月ほど経った時に、また知人の方から1社紹介を頂きました。

転職しようか迷ったのですが、一番最初に入った会社の仕事と同じ総務の仕事ということで面接を受けにいき、採用となりました。

私にとっては、縁故採用で3社転職し、40歳になるまで会社勤めをしていました。

縁故採用のメリットは、紹介してくれる方と採用企業の間に信頼関係ができていて、採用のハードルがとても低いことです。

一番最初に入った会社(従業員600名ほどの規模の会社)は、採用面接を経由せずに採用となったくらいです。

⑥会社のコーポレートサイト求人

会社のホームページの中で中途採用募集を行う場合です。

求人誌や求人サイトで募集をすれば費用がかかりますが、会社のホームページの中で募集を行なえば、費用はほとんど発生しません。

ハローワーク求人などで当たりをつけてから、その会社のホームページを見て企業情報を得ながら、応募するというステップになります。

会社のホームページを隅から隅まで見て、自分の希望する転職先か見極めてから応募できるので、とてもメリットがある方法だと考えられます。

また、その会社に応募する場合には、会社について知ることが必要不可欠です。

採用となれば、その会社で働くことになるので、どんなものを作っているのか、どんなサービスを提供しているか等、あなたが疑問に思ったことや面接の時に聞いてみたいことをノートなどに書き出してみてください。

面接では必ず志望動機を聞かれますので、その時にノートに書き出した内容が役に立ちます。

その会社を応募したきっかけは、会社のコーポレートサイトをよく見ておいて気になる個所をノートに書き出しておいてください。

⑦独立して仕事をする

私は、40歳になるのを節目に、独立開業ができる損害保険代理店の特別研修生ということで損害保険会社に入社しました。

いわゆる脱サラするための助走期間ということです。

3年間の研修期間に、ある一定の成績を挙げれば、独立開業ができるというシステムです。

今まで営業経験は、ルート営業の経験が1年半という状態で、ましてや保険という形のないものをお客様に売る仕事です。

でも、特別研修生の制度でめでたく独立開業している人がいるのならば、自分もやってやるぞ、という気持ちでこの業界に飛び込みました。

その会社の東海地区(愛知県、岐阜県、三重県)では、私を含めて同期入社は3名でした。

最初の3か月目の売り上げ目標が達成できたので、3か月目研修を東京の八王子市の研修センターで受けることができました。

3日間の研修には、全国から30名ほどの特別研修生が集まっていました。

私よりも年配の方もいれば、20代、30代の若い方も大勢いました。

6か月目、9か月目、1年目の売り上げ目標も達成できたので、1年目研修が神戸で行われる予定でしたが、阪神大震災のため、千葉県で研修が行われました。

この時集まったのは、3か月研修でご一緒した方の半分ほどまで人数が減っていました。

その後も一心不乱にお客様の訪問などをして、3年経って独立ができる挙績までたどり着くことができました。

しかし3年目が終わる時に、1社だけあった法人契約を他の代理店に取られてしまったのです。

この時に、社会保険労務士の試験を受けようと決心しました。

人生どこで何があるか分からないですね。

私は、これがきっかけで社会保険労務士になることができました。

日本マンパワーの日曜日に開催される通学コースで、12月から勉強を開始しました。

資格試験の勉強方法もよくわからなかったのですが、手探りで日本マンパワーのテキストの重要な箇所をノートに書き写すことから始めました。

通学コースの講師の方は、テキストの内容の解説はしてくれましたが、勉強方法は教えてくれませんでした。

損害保険代理店開業と同時に、社会保険労務士試験になるという夢に向かって勉強をスタートさせました。

損害保険代理店を開業できましたが、挙績は多くはなく、その時の代理店の収入では、サラリーマン時代の60%しかありませんでした。

その当時、娘たちは中学生と小学生でした。

社会保険労務士になって、何とか生活ができるレベルの年収にしようと考えていました。

そのころの社会保険労務士試験は、7月の第4週の火曜日に行われていました。

約8か月の試験勉強を経て、11月4日の合格発表の官報を市の図書館まで見に行き、私の受験番号を見つけたときの喜びは今でも覚えています。

本当に嬉しかったです。

私が合格することができた第29回社会保険労務士試験(平成9年7月29日実施)は、受験者数28,124名、合格者数1,991名という結果でした。

いわゆる士業の試験は、司法試験を始めたくさんありますが、一生懸命勉強しても合格できないこともあります。

諦めずに懸命に勉強を続け、合格という結果を掴み取ることができ、本当によかったです。

社労士サイトはこちら (勉強して社会保険労務士になりたい方は必見です)

社会保険労務士に登録することができたら、顧問になってくれる会社を獲得するために動き出します。

いばらの道はこれから始まるのでした。

このように保険代理店や士業での独立開業も仕事探しの一つの道だと思います。

社会保険労務士としてお客様を獲得するためには、まず、実務を覚えないといけませんでした。

私が以前勤めていた会社の総務部門では、主に人の採用の人事しか経験を積んでおらず、社会保険、雇用保険、労災保険の手続きは未経験でした。

顧問先を1社獲得してから、実務を学びながらやっていくという状態でした。

どこかの事務所に修行に行くことは考えていませんでした。

社会保険労務士の世界も3年やって生活できるレベルまで売り上げがないとそこでリタイヤとなっていきます。

損害保険代理店になるために営業(セールスと言った方がいいと思いますが)で鍛えられていましたので、3年経つ頃には売り上げは1,000万円を超えるようになっていました。

営業(セールス)で打たれ強い体質になっていたのです。

前職の経験が役に立ったことを実感しました。

どんな仕事も一生懸命に取り組めば経験やスキルを得ることができ、決して無駄にはならないのだと感じました。

⑧派遣社員

派遣社員のいいところは、あなたのライフプランに合わせて、働く時間や日数、職種、勤務地などを選べることです。

人材派遣というビジネスは、自分の時間を大切にして働きたい、スキルを活かしたい、一定の期間だけ働きたい、といった個人のニーズと、雇用にかかるお金と時間を節約したい企業のニーズが合体したところで成り立っています。

いずれ正社員になりたい人も、派遣社員をしながらやりたい仕事を見つけ、スキルを身に付けていけば、求職活動に役立つはずです。

紹介予定派遣という制度もあります。

女性のための転職サイト『とらばーゆ』

危険サインが出たら会社を辞める準備をする

会社の人間関係に悩んで転職を決意しました

転職でzoom面接があります

転職会議とは

無料相談

目次

仕事探しの方法

転職面接

求人応募までの準備

応募書類突破法

転職面接の準備

面接で聞かれる質問

転職・求人サイト情報

退職の準備

パワハラなんて無くなれ

運営者情報

サイトマップ

当サイトはリンクフリーです。管理人の許可なく自由にリンクを張って頂いて問題ございません。