面接で聞かれる質問_まつろむ流転職の考え方

面接で聞かれる質問

面接でよく聞かれる質問をピックアップしてみました。

本番前にぜひ参考にしてみてください。

はたらいく

「前職では何をされていましたか?」

あなたが前職でどんな仕事をしていたかは、職務経歴書に記載していると思います。

それでもあえて、面接官が前職について聞いてくることがあります。

このとき面接官は、あなたの今までの仕事で培ってきた経験やスキルを新しい仕事にどの程度活かせるかを知ろうとしています。

このような質問があったときは、あなたの持つスキルや経験の中でも、特に志望する企業で役立ちそうなものついてお話しされるといいと思います。

ここでポイントとしては、専門用語は使わずに簡潔にお話しすることです。

できれば1分以内で終わらせるようにしましょう。

前職と異業種の企業に挑戦している場合などは特に、面接官に分かりやすいように具体的なエピソードを交えてお話しするといいでしょう。

「なぜ転職したいのですか?」

転職理由は人それぞれだと思います。

転職したい理由を聞かれたとき、素直にありのまま答えてしまうと評価が下がってしまう場合があります。

それはずばり、消極的な理由です。

例えば、「自分のやりたい仕事を任せてもらえなかったから。」とか、「仕事が自分に合っていなかった。」とか、「職場の人間関係が悪かったから。」といった消極的な理由は、できれば控えたほうが良いでしょう。

反対に積極的な理由は高評価に繋がります。

例えば、「前職で身に付けたスキルを活用して、キャリアアップしたいと思ったから。」など、やる気を感じさせられる答えです。

ぜひ一度初心に立ち返り、あなたがなぜ転職を決意したのか思い返し、前向きな理由をお話しできるように考えてみましょう。

「当社を志望する理由は?」

志望理由をはっきりと話せることはとても大事なことです。

「この会社で働きたい!」という気持ちをしっかり相手に伝えることができれば、面接官も「この人は入社後バリバリ働いてくれそうだ」と良い印象を抱きます。

また志望動機については、「同業他社ではなく当社を志望する理由は何ですか?」と聞かれることもあります。

このとき、他の会社にも適用するような志望理由を答えてしまうと、「この人は同業他社にも応募していそうだな」とか、「うちの会社じゃなくてもいいんじゃないのか」と思われてしまうかもしれません。

どうしてもこの会社で働きたい、という熱意を相手に伝えるためには、企業研究をして説得力のある志望理由を考えることが重要です。

まずはインターネットで情報を集めてみてください。

このとき同業他社のホームーページもチェックし、志望企業にしかない魅力を見つけていきましょう。

インターネットでの情報集めが終わりましたら、ぜひ一度、志望する会社に足を運んでみてください。

そこで「やっぱりこの会社で働きたい!」と思った点をアピールポイントとして志望理由をお話しすることができると、ぐっと説得力が増します。

面接官に「この人は本当にうちの会社で働きたいと思ってくれているな。入社後も頑張ってくれそうだ。」と思わせたら勝ちです。

「将来何がしたいですか?」

志望理由を聞かれた後に、キャリアプランを聞かれることがあります。

あなたが志望する会社に入社した後、どのようになっていきたいかということです。

まだ入社もしていないのに先のことなど聞かれてもイメージしにくい、と思う人もいるかもしれません。

ですが実は、自分の目指す姿をイメージしながら働くというのはとても大切なことなのです。

毎日なんとなく仕事をこなしているだけの人よりも、自分なりに目標を立ててその実現に向けて頑張る人の方が評価されます。

「自己紹介をしてください」

転職面接で自己紹介をしてくださいと言われたら、何を話せばいいのでしょう。

転職の面接では、あなたが今までの仕事で培ってきたスキルや経験をアピールする必要があります。

自己紹介は面接の冒頭で求められることが多いですから、これからこの面接であなたがアピールしたいと思っている点を簡潔に伝えていきましょう。

具体的なエピソード等は後で話せばいいので、自己紹介は長くなりすぎないよう、1分程度にまとめるようにしましょう。

面接の対策を準備する段階で、自分自身を冷静に自己分析していきます。

このとき、ノートを一冊用意し、今までしてきた仕事であなたが身に付けたスキルや経験を書き出していきましょう。

それらのスキルや経験の中から、今回志望する会社で活かせるものをピックアップし、それをアピールするように自己紹介に組み込んでいくといいと思います。

「前の会社で一番充実感を得た仕事はどのようなものでしたか?」

こちらも転職の面接においてよく聞かれる質問のひとつです。

あなたが今までの仕事で達成してきた仕事を書き出していきます。

その中で最も印象に残っている仕事のことを話しましょう。

このとき、具体的なエピソードを交えて話すことで相手に伝わりやすくなります。

今回志望する会社の業務と関連のある内容だとより良いと思います。

「あなたの短所を教えてください。」

このような質問に答えるときは、採用担当者にマイナスのイメージを与えないように細心の注意が必要です。

短所を伝えて終わりにするのではなく、前向きな印象を抱いてもらえるよう伝え方に工夫をします。

面接では自分をよく見せたいものですから、長所については事前にしっかり準備をして答えられる応募者が多いものです。

一方で短所に関しては伝え方に工夫が必要ですから、事前に準備をして前向きな印象で伝えられることができれば他の応募者と差をつけることができます。

「あなたはストレスに強いですか?」

ストレス耐性について聞かれることも多くなっています。

この質問では、あなたがすぐに辞めてしまわないか、長く勤めてくれそうかどうかを判断しています。

どのように答えるか、事前に考えておく必要があります。

根拠もなく「大丈夫です」「ストレスには強いです」と答えるのでは説得力に欠けます。

「ストレスを感じたときには、〇〇をすることでストレスを解消しています。」とか、「ストレスを感じることもありますが、〇〇〇な考え方をするように心がけています」等と答えると説得力が増します。


「最後に何か質問はありますか?」

面接の最後に、「最後に何か質問はありますか?」とか、「最後に何か言いたいことはありますか?」と聞かれることは多いです。

面接においては相手があなたに質問することがほとんどですから、逆に質問がないかと聞かれると、戸惑ってしまいますよね。

ですがここは、この面接で自分をアピールできる最後のチャンスです。

最後に良い印象で面接を終えられると、あなたへの印象も良くなります。

「何もありません」と答えてしまうのはもったいないですし、やる気がないと思われてしまうかもしれません。

採用担当者が説明したことの中で、よく分からなかったことがあれば、それを質問してもいいでしょう。

そうすることで、相手の話をしっかり聞いていたことのアピールに繋がったり、この会社に入社したいという意欲を感じ取ってもらえます。

企業研究の段階で疑問に思ったことがあれば、それを質問しましょう。

この質問には、入社前に会社への理解を深めてもらいたいという側面もあるからです。

調べればすぐにわかるようなことを質問してしまうと、ちゃんと下調べをしていないと判断されてしまうこともありますから注意しましょう。

面接の準備段階で考えておいた、あなたの強みをアピールするためのエピソードの中で、面接の間に話すことができなかったものがあれば最後にアピールしましょう。

話しそびれたエピソードも無いという場合は、面接をしていただいたことへのお礼を述べると同時に、あなたの思いを伝えましょう。

この会社で働きたい、入社したいという強い気持ちを最後にもう一度伝えることで、相手により深く印象に残ります。

 

ご質問があれば、下記バナーからお気軽にご相談ください。

目次

仕事探しの方法

転職面接

求人応募までの準備

応募書類突破法

転職面接の準備

面接で聞かれる質問

転職・求人サイト情報

退職の準備

パワハラなんて無くなれ

運営者情報

サイトマップ

当サイトはリンクフリーです。管理人の許可なく自由にリンクを張って頂いて問題ございません。