転職面接で自己紹介をどのようにすればいいか_まつろむ流転職の考え方

質問:転職面接で自己紹介をどのようにすればいいか

現在、転職活動をしている24歳の男性です。

転職の面接の場で自己紹介をして下さい、と言われると聞いています。

事前に考えておきたいのですが、どんなことを言えばよいのでしょうか?

現職でどんな仕事をやっていて、どんな成果が出たかなどを話せばいいのでしょうか?

回答:面接担当官が知りたい仕事上のスキルの強みを話すのが一番だと思います。

面接担当官が知りたいのは、あなたを採用することで会社にとってどのようなメリットがあるかです。

応募先の会社の募集要項を見て、どのような人材が求められているかを確認します。

もしあなたが応募先の会社に入社してから役に立ちそうな仕事上のスキルを身につけていたら、そのスキルについて自己紹介でアピールしましょう。

そのためにもまずは、今までの仕事の棚卸をしっかりし、強みであるスキルは何か、そのスキルが役立った仕事上のエピソードにはどんなものがあるか、数字で表現できるものがあればその数字をノートに書き出していきます。

その後は、応募先が求めているスキルは何なのかを、その会社のホームページの求人ページや募集要項を確認して、スキルの整理をしていきます。

整理した内容は、第三者に見てもらって添削してもらうことをお勧めします。

転職エージェントの方にサポートをお願いしている場合は、ぜひ相談してみてください。

応募する会社によって自己紹介の内容が変わると思いますので、入れ替えたスキルの内容も、念のため第三者に確認してもらうと安心です。

模擬面接をしてくれる転職エージェントの方がいましたら、時間を取ってもらって練習をしてみてください。

その方が安心して面接に臨めるはずです。

みんなのエージェント

女性のための転職サイト『とらばーゆ』


ご相談は、下記バナーからお願いします。

転職面接を知るに戻る

目次

仕事探しの方法

転職面接

求人応募までの準備

応募書類突破法

転職面接の準備

面接で聞かれる質問

転職・求人サイト情報

退職の準備

パワハラなんて無くなれ

運営者情報

サイトマップ

当サイトはリンクフリーです。管理人の許可なく自由にリンクを張って頂いて問題ございません。