まつろむ流転職の考え方

転職とは自分の人生そのものです

私が3回目の転職をした時は、ちょうど40歳になる1か月前でした。

子供も10歳と8歳の娘が2人おりました。

安定していた仕事を捨てて、転職を決意した時は、清水の舞台から飛び降りる気分でした。

絶対に失敗は許されないと思っていたが、と言って確かな「自信」があった訳ではありませんでした。

結局、飛び降りてからがむしゃらに前に進んできました。

このサイトが転職をしようか迷っている方の道しるべになればと思っています。

転職がうまくいきますように!

女性のための転職サイト『とらばーゆ』

30歳代の女性の転職

20歳代の転職活動

無料相談

転職には、積極的な転職と消極的な転職があります。

私も会社を4社転職しました。

その中には、積極的な転職もあれば、消極的な転職もありました。

自営業の職種も3種類変わりました。

最初のいくつかの転職は、消極的な転職であり、何度も雇用保険のお世話になりました。

失業してみて本当にありがたいのは雇用保険制度であり、現在社会保険労務士として雇用保険のお手続を顧問会社において業務としてやっています。

平成19年10月1日より雇用保険制度が大きく変わりました。

基本手当を中心に、その他各種の給付について解説をしています。

会社にとっても在籍している従業員の雇用を維持するために使える給付もありますので、ご活用下さい。

マルチジョブホルダー制度(令和4年1月1日新設)

いわゆる高齢者のダブルワーク制度です。

また、キャリア・デベロップメント・アドバイザーとして、転職支援のスキルを学んできました。

自分の転職経験と併せて、今後転職をする方に対して、どのように転職をすればいいのか考え方と知識を提供しています。

仕事の探し方面接の受け方内定が出た後の退職の進め方、転職後の職場の定着についても情報を提供しています。

どうぞご活用下さい。

読者の皆様が、雇用保険制度を上手に活用していただき、スムーズな転職ができることを心より祈っています。

【リクナビ派遣】スキルをつける、スキルを磨く、派遣なら両方できる!

転職活動の進め方

転職活動を進める上で何をすべきか迷うことと思います。

転職活動を成功させるための手順を説明していきます。

①自己分析

仕事探しを円滑に進めるためには、自分自身を分析する必要があります。

今までどのような仕事をしてきたか、その仕事をやってきた中でどんなことができるようになったかをノートに書き出していきます。

職種や業種によって、どのような職務を経験してきたかを書いていきます。

その後、どのような能力を身につけたかを書く出すことになります。

ビジネスを進める上での職務遂行能力のレベルも記載するのですが、具体的に何ができるかを記述する方が、自分自身にも他人にも分かりやすいと思います。

それができたら、今後、自分はどんなことをやって、どのような能力や知識を身につけていきたいかを書き出していきます。

今後、どのようなことをやりたいかは、今までの職種・業界にこだわらなくてもいいいと考えています。

特に、20代の転職においては、未知の職種・業界に果敢にチャレンジするのもいいと私は考えています。

②現在の求人状況の分析

どのような仕事や業界につきたいかが絞り込めたら、どのくらいの会社が求人をしているかを分析していきます。

また、待遇面の相場感などもリサーチしていきます。

ハローワークインターネットサービスやIndeedなどで、地域や職種を絞って検索をしてください。

ハローワークインターネットサービスでは、まず、求人区分で、一般求人のフルタイムかパートのどちらかを選びます。

ここは、必須となっています。

その後、例えば、総務系の事務職を探すのであれば、希望する職種を大分類「事務、管理職」を選択し、その後、詳細で「総務事務、人事事務」を選んでいきます。

就業場所も、都道府県、市区町村まで選べるようになっています。

更に、詳細検索条件を選べる画面が出てくるので、各々、選択して検索していきます。

そうすると、検索結果が一覧で出てきます。

事務所名(会社名)を公開しているところと、公開していないところがあります。
(できれば公開しているところを優先して見ていって下さい)

各社の求人票が見れるようになっています。

ハローワークの検索パソコンと同じものが見れます。

非常によくなっていますね。

Indeedの場合は、職種などのキーワードと勤務地(市区町村)を入力して、「求人検索」のボタンを押します。

そうすると、検索結果が一覧で出てきます。

一覧の中から、あなたにとって興味のある会社をクリックすると、各社の応募要項が記載してあるページが出てきます。

Indeedの場合は、その後、応募画面に進めれるようになっています。

ここでは、情報収集だけをしますので、応募までは進まず、その画面を印刷するか、ノートに必要事項を書き出していきます。

③就きたい仕事の労働条件を決定する

あなたが就きたい仕事の希望条件を決めていきます。

給与面なのか、仕事の内容なのか、通勤距離なのかをノートなどに書き出します。

また、正社員を希望するか、経験を積むために派遣社員でもいいかなどを決定します。

④求人を探す

ここから初めて求人をしている会社を探すことになります。

仕事探しのページに進んで下さい。

目次

仕事探しの方法

転職面接

求人応募までの準備

転職面接の準備

面接で聞かれる質問

転職・求人サイト情報

退職の準備

パワハラなんて無くなれ