退職時の仕事引き継ぎの考え方_まつろむ流転職の考え方

退職時の仕事引き継ぎの考え方

会社を退職する時に、あなたがやっていた仕事を誰かに引き継ぐことになると思います。

あなただけしか知らない業務などは、確実に次の担当者に内容などを伝える必要があります。

今まで仕事をしてきた会社を退職するためには、引き継ぎはとても重要なことだと思います。

転職後に気持ちよく次の仕事に集中するためにも、退職日までにきちんと引き継ぎが終了するスケジュールを組んでおきたいものです。

会社を辞めると思った時に、少しずつでもいいので、あなたがやっている仕事を書面などで残せるように準備をして下さい。

そして、退職を決意し、次の会社の就職の内定がでましたら、いよいよ引き継ぎ書面を完成させるように頑張って下さい。

円満退職に導く引き継ぎの方法は、次の担当者のことも考慮すると、書面で残すのが一番です。

パソコンでワードで打つかノートの手書きでまとめてみてください。

退職日までの日数が少なかったり、次の担当者が会社の方でなかなか決まらない場合は、必要最低限のものでいいので、書面にして、会社に置いてきてください。

書面にすれば、次の担当者(複数の方に分けて引き継ぎする場合もあると思います)がそれを見て業務を行うことができますし、あなたがきちんと引き継ぎを行った証拠にもなります。

はたらいく

退職の準備に戻る

目次

仕事探しの方法

転職面接

求人応募までの準備

応募書類突破法

転職面接の準備

面接で聞かれる質問

転職・求人サイト情報

退職の準備

パワハラなんて無くなれ

運営者情報

サイトマップ

当サイトはリンクフリーです。管理人の許可なく自由にリンクを張って頂いて問題ございません。