税理士事務所に転職を検討しています_転職ナビ

質問:税理士事務所に転職を検討しています

私は28歳の男性です。

現在、200名ほどの中小企業で経理の仕事をしています。
税理士の資格を目指していますが、このまま在籍するか税理士事務所に転職しようか迷っています。

現在、財務諸表論、簿記論、相続税法の3科目合格しています。

会社は3月決算なので、6月を過ぎると税理士試験のある8月までは残業も少なく、家に帰ってから勉強時間を比較的確保できます。

回答:勉強時間をより確保できる方を選びましょう

税理士試験は難易度の高い試験と言われています。

また、合格者の年齢層は20代が最も多くなっています。

若いうちに税理士試験合格を目指すのであれば、今の会社に在籍している間に勉強時間を確保し、試験勉強をするのがベターだと思います。

3科目合格しており、残り2科目の合格を目指すのであれば、やはり今の会社に留まって税理士試験の勉強を進める方がいいと思います。

というのも、税理士事務所の仕事量は、人材不足の影響もあり相当な量となっています。

毎日毎日、相当な仕事量をこなさなければならず、残業時間も多くなっています。

そのため試験勉強のための時間を捻出することが難しくなっています。

税理士試験は1科目ずつ取っていくことができ、合格に必要とされる科目を5科目合格すれば税理士となることができます。

3科目合格であれば、もう少し今のところで我慢かなと思います。

4科目合格しており、あと1科目という状況であれば税理士事務所に転職という選択肢もあるかと思います。

税理士試験の各科目は、上位10%強の成績の人が合格する実質的には相対試験となっています。

ある一定の点数を取れば合格という訳ではなく、受験者を選別する試験となっています。

そのため、実務ではあまり見かけないような細部まで問われる内容が試験に出てきます。

そのため税理士事務所に転職して、実務をやりながら試験勉強をするよりも、今の会社に在籍しながら実務には役立たないけれど試験に出るという内容を勉強していく必要があります。

ただ、あと1科目がなかなか受からないと言っている税理士事務所の職員の方も相当数いると聞いています。

結論として、私としては、今のまま中小企業の経理に在籍し、試験勉強を頑張ることをお勧めします。

税理士になるという夢に向かって試験勉強頑張りましょう。

試験に合格したら、税理士事務所への転職を考えていきましょう。

税理士試験の科目合格者は転職に有利か

かつて税理士試験の受験者が今より多く、税理士事務所の有効求人倍率が今ほど高くなかった時代は、募集要項の中で科目合格が必須のところがたくさんありました。

でも今では、税理士試験の受験者数が大幅に減り、それに伴って科目合格者数も減ってきました。

税理士事務所としては、科目合格者は欲しいけど、それを募集要項に入れると応募者が少なくなってしまうため、科目合格を不問とする事務所が増えてきました。

税理士試験の科目合格は、実務でも役立ちますし、税理士事務所への転職でも役立ちます。

あなたの場合、あと2科目が受からない場合でも、いつでも税理士事務所への転職は可能なので、焦る必要はありません。

ただし、税理士資格を持っているのは所長1名だけというような小規模の税理士事務所の場合は注意が必要です。

このような場合、3科目か4科目合格している人を採用すると、全科目合格となった後に仕事のノウハウや顧客を持っていかれて独立されるのではないかと敬遠されることがあります。

実務を習得しながら合格後開業

税理士試験合格後、独立開業を目指しているならば、実務を習得しながらあと1科目、2科目合格を目指すのもありかもしれません。

3科目、4科目合格しており、あと1科目、2科目という状況であれば税理士事務所に転職して、実務をしながら勉強時間を捻出してもいいと思います。

大きな税理士事務所では、税理士合格者をある程度揃えていきたいと思っているところもあります。

そのような税理士事務所への転職は、税理士試験の勉強をサポートしてくれる場合もあります。

税理士試験は長丁場の試験ですので、途中で生活環境が変わって勉強に集中できない時期が来るかもしれません。

また、消費税法や法人税法などあなたが合格していない科目を受験科目にすれば、たとえ不合格が続いても勉強して身につけた知識は、確実に税理士事務所の仕事に活きてきます。

知識を増やし、自分が特に詳しい分野ができてくれば、事務所内でのあなたのポジションも確立できるはずです。

税理士科目合格者転職なら【ミツカル】

税理士事務所から同業へ転職


ご相談は、下記バナーからお願いします。

文責 社会保険労務士 松井 宝史 2022.09.08

目次

仕事探しの方法

転職面接

求人応募までの準備

応募書類突破法

転職面接の準備

面接で聞かれる質問

転職・求人サイト情報

退職の準備

パワハラなんて無くなれ

運営者情報

当サイトはリンクフリーです。管理人の許可なく自由にリンクを張って頂いて問題ございません。