通勤災害のバイクでの自損事故 通勤災害(労災保険)Q&A

通勤災害のバイクでの自損事故

文責 社会保険労務士 松井 宝史 2022.06.19

通勤災害のバイクでの自損事故で労災保険を使った方がいいか?

会社へ行く通勤途中、雨のため路面が濡れており、カーブを曲がり切れずスリップしてガードレールにぶつかってけがをしてしまいました。

その時に、第一腰椎の圧迫骨折をしてしまいました。

どうもお尻から地面の落ちてしまったようです。

任意保険会社の代理店の方から人身傷害保険が使えるという説明を受けました。

翌日、治療などは労災保険を使って欲しいと、人身担当者から電話がかかってきました。

どうしたらいいでしょうか?

回答:原則、労災保険を使って治療をすることになります

今回の場合、実は、病院の治療で使える保険は、任意保険(人身傷害保険)又は労災保険のどちらかです。

通勤途中の事故なので、健康保険は使えません。

もし健康保険を使ってしまった場合は、後日協会けんぽから「交通事故、自損事故、第三者等の行為による傷病(事故)届け」の提出についてという案内が送られてきます。

その書類の中には、「その日は勤務日、公休日等」を記入するようになっています。

更に、通勤途中かどうかも記載する欄があります。

通勤途中のことが明らかになり、労災保険の適用となると、今まで治療にかかった費用の返還を求められます。

労災保険を使った場合

任意保険(人身傷害保険)の場合、治療の点数1点当たり約20円なのですが、労災保険の場合12円になります。

第一腰椎圧迫骨折の治療に任意保険(人身傷害保険)を使って200万円かかったとすると、労災保険を使えば120万円となります。

自損事故なので、労災を使うことになりますが、人身傷害補償保険の保険金は、保険約款上、同一の損害について、労災保険給付が受けられる場合には、その給付される額(労災の特別支給金を除く)を差し引いて支払うこととなります。

そのため、労災保険として損害の二重てん補を未然に防止するために、労働基準監督署は、おけがをした方が労災保険給付の請求を行った場合には、人身傷害補償保険の会社に対して、労災保険給付の申請があったことを通知することになっています。

つまり、原則、自損事故の時は、労災保険を使うことになります。

労災保険の申請の仕方が分からない方は、お電話でお問合せください。

電話でご相談ください

月曜日~金曜日の午前9時~午後5時

電話:0533-83-6612 (初回相談無料です)

治療の打ち切り

病院の治療は原則、労災保険を使いますので、保険会社の人身担当者は治療の打ち切りを言ってきません。

治療の打ち切りや終了を言ってくるのは、労働基準監督署の担当官となります。

労災保険は、公的保険なので治療の終了については、主治医の先生と連絡(文章などで)を取って進めていきます。

人身傷害補償保険での給付は何か

自損事故の場合、自分が加入している人身傷害補償保険で支給されるものは、保険の代理店または保険会社の人身担当者に確認をしておいてください。

一般的には、休業損害、逸失利益、慰謝料などです。

休業損害は、労災保険で給付される保険給付を差し引いたものが支払われます。

逸失利益は、労災保険で支給される障害給付や遺族給付を差し引いたものが支給されます。

後遺症については、労災保険は障害等級を労働基準監督署長が認定しますが、人身傷害補償保険については、自賠責保険の認定の仕組みを使って認定します。

それぞれ認定する機関が違いますので、今回の第一腰椎圧迫骨折の場合では、「労災保険で11級」、自賠責保険で「非該当」になることもあります。

慰謝料については、労災保険の給付はありません。

人身傷害補償保険が、約款に基づいて支給します。

入通院慰謝料などは、入院や通院の期間が長ければ、多く支給されます。

後遺障害慰謝料は、等級に応じて約款で定められた定額が支給されます。

労災保険の申請方法や第三者行為災害届の作成方法が分からない方はお問合せください。

 

電話でご相談ください

月曜日~金曜日の午前9時~午後5時

電話:0533-83-6612 (初回相談無料です)

下記相談フォームでのお問合せもお待ちしています。

無料メール相談

交通事故の通勤災害の労災申請で疑問に思ったことに戻る

 

事務所執務風景

社会保険労務士法人愛知労務