工場内の階段でつまずいて転倒して骨折 労災保険申請

仕事が終わってタイムカードを打刻した後、工場内の階段でつまずいて転倒し膝の骨折をした場合

文責 社会保険労務士 松井 宝史 最終更新日:2021.02.28

災難はいつおそってくるか分からないものですね。

朝、メールをチェックしておりましたら、顧問先の会社の社長様からメールがありました。

仕事が終わってタイムカードを打刻して、制服から私服に着がえて工場内の階段を降りる時、一番最後の段差でつまずいて転倒した従業員がいるということです。

その方は、運悪く膝を床面に強く打ちつけて、膝の骨折をしてしまったそうです。

夕方なので、まずは家の近くの整形外科で診てもらいましたが、手術が必要ということで、市内にある総合病院へ転院となりました。

さて、この場合、「就業の場所」か「通勤経路」かのどちらになるでしょうか?

会社、工場にあっては、通常は門又はこれに類する地点が、就業の場所と通勤経路の境界になると解されています。

今回の場合は、業務を終えて帰宅するための施設内での移動で、事業主の支配管理下にありますので、「事業上の事由による」災害となります。

労災保険お役立ち情報に戻る

無料メール相談

電話でご相談ください

無料相談実施中


社会保険労務士法人愛知労務