労働者が業務中に傷病を負いましたが、会社が責任を認めません。労災申請は可能です。 労災保険申請

質問:労働者が業務中に傷病を負いましたが、会社(事業主)が責任を認めません

文責 社会保険労務士 松井 宝史 最終更新日:2021.12.16

労災保険の給付は受けられるのでしょうか?

質問: また労災保険の申請を拒んでいます。
労災保険の給付は受けられますか?

回答:労災保険の給付は受けられます。

労働者が事業(又は通勤)により負傷した場合などには、労働者本人が労働基準監督署に労災保険給付の請求を行い、当該請求に基づいて労働基準監督署長が支給・不支給の決定を行いますので、労災として認められるかどうかは事業主が決めるわけではありません。

あくまでも決定権は、労働基準監督署長です。

また、労災保険は使用者の無過失責任を原則としていますので、業務と傷病との間に相当因果関係が認められれば、労災保険給付が行われます。

なお、会社が事業主証明を拒否するなどで、会社の印鑑がもらえない場合であっても、労災保険の請求はできますので、愛知労務や労働基準監督署にご相談ください。

今までにそのような労災申請をたくさん手がけてきました。

電話でご相談ください

無料メール相談

通勤災害や業務災害はお任せください

〇参考リンク

労働者災害補償保険法の改正について~複数の会社等で働かれている方への保険給付が変わります~(厚生労働省)

令和元年度「過労死等の労災補償状況」を公表します(厚生労働省)

労災保険お役立ち情報 に戻る


社会保険労務士法人愛知労務