腰痛の労災認定 労災保険申請

中指を骨折して指が曲がる

文責 社会保険労務士 松井 宝史 最終更新日:2021.02.22

先日、以前労災申請した方からの紹介で、中指を骨折して指が曲がった人から相談がありました。

中指の第二関節よりも根元のところを開放骨折しました。

さて、誰に頼んで障害認定をしてもらおうか?ということで相談の電話が入りました。

労災保険の障害申請は、障害申請の用紙の記入の仕方も面倒ですが、「診断書」を主治医の先生にどのように頼むかもコツがあります。

労災保険申請の専門家は、社会保険労務士です。

労災保険申請は、労働基準監督署に書類を提出して行います。

手指の骨折による障害申請は、どの指が骨折したか、何本骨折したか、可動域制限はあるのかなどが重要な点となります。

ネットなどで労災保険の「障害等級表」を見ても、自分が果たして何級に該当するかは分かりにくいですね。

指が曲がったままなのは、日常生活において不自由であるとその方は言っていました。

労災保険お役立ち情報に戻る

無料メール相談

電話でご相談ください

無料相談実施中


社会保険労務士法人愛知労務