相手の任意保険会社は動いてくれませんがどうしたらいいでしょうか? 通勤災害(労災保険)Q&A

相手の任意保険会社は動いてくれません

文責 社会保険労務士 松井 宝史 2022.05.20

Q:相談事例19:通勤途中の交通事故で頭を強く打ってしまいました。わき道から優先道路に出ようとした時の事故で、相手の任意保険会社は動いてくれません。どうしたらいいでしょうか?

回答です:それにしても大変な目に遭ってしまいましたね。

頭を強く打って高次脳機能障害の疑いがあるのですね。私の母も青信号で横断歩道を自転車で渡っている時に、交通事故に遭い、頭を強く打って翌日亡くなりました。

まずは、病院の治療費をどうするかですね。会社の総務の担当者に労災保険の療養給付の申請書の手配をお願いしてください。

会社の担当者が労災保険について詳しくない場合は、社会保険労務士法人愛知労務にご相談ください。

病院を替わる時も労災保険の申請書が必要となります。

相手がある交通事故なので「第三者行為災害届」を労働基準監督署に提出する必要があります。この書類には、「交通事故証明書」などを添付する必要があります。

交通事故証明書は、相手の保険会社に原本証明をしてもらってもいいし、自動車安全運転センターのホームページから発行依頼をしてもいいです。

「第三者行為災害届」の用紙は、厚生労働省のホームページからダウンロードできます。

エクセルシートになります。

一番下の個所に「第三者行為災害関係」とあります。

労災保険給付関係請求書等ダウンロード(厚生労働省)

会社をお休みする休業給付の申請書も必要になります。

休業給付支給申請書は、できれば1か月ごとに提出をしていきたいですね。

会社の証明も病院の証明も必要になってきます。

早め早めに準備をしていかないと、毎月の生活費が入ってこないので生活が大変になってきます。

入院された場合などは、ご家族の方は看護で非常に忙しくなってきます。

労災保険の書類の作成は、ぜひ、社会保険労務士法人愛知労務にお任せください。

さて、治療が長引いて休業して1年6か月経つと、労働基準監督署からお便りが来ることになっています。

主治医の先生に診断書を書いてもらうことになります。治療を続けるか?休業を続けるか?傷病年金に移行するか?はたまた症状固定して障害給付の申請をするか?を労働基準監督署が判断していきます。

この時点で重い障害が残りそうならば、障害基礎年金や障害厚生年金の申請を同時にしていくことになります。

高次脳機能障害の年金申請が得意な社会保険労務士が愛知労務にはおります。

労災保険の方も症状固定となれば、障害給付の申請を同時にしていくことになります。

お怪我をした方が日常生活において何が出来て何が出来ないかを日常生活状況報告に記載していくことになります。

主治医の先生に診断書を記入してもらい労働基準監督署で等級の認定と進んでいきます。

お怪我をした方と労働基準監督署の面談の場所に我々も一緒に出席させてもらったことが何度もあります。

労働基準監督署の担当官がいろいろ質問して来ますので、ご家族だけで対応するのは厳しいものがあると思います。

この面談は等級決定にとても大事ですので、できれば早めに愛知労務までご相談してください。

ご相談は、いつの時期からでも大丈夫です。

 

参考ページ:特別支給金

 

交通事故の通勤災害の障害申請で疑問に思ったことに戻る

電話でご相談ください

無料メール相談

事務所執務風景

社会保険労務士法人愛知労務