労災保険を申請すると次の転職で不利になるか_転職ナビ

質問:労災保険を申請すると次の転職で不利になる?

現在、私が勤めている会社では毎日の残業がとても多く、休日出勤もあります。

退勤から次の出勤までのインターバルも、ひどい時は5時間しかありません。

睡眠時間が3時間しかとれない日も、月に2回ほどあります。

とても激務です。

ある日、朝目が覚めたら、思うように起きれなくなり、会社に行くのが嫌になってしまいました。

身体が重く感じられ、食欲もありません。

午後から身体が動くようになったので、かかりつけの内科を受診したところ、メンタルがやられているということで心療内科を紹介してもらいました。

心療内科も予約を取るのに苦労しましたが、翌日予約が取れるところが何とか見つかりました。

そこで心療内科を受診したところ、しばらく会社は休んだ方がいいよ、ということで労務不能3週間の診断書を書いてもらいました。

その時は、少しほっとした気分になりました。

会社で総務の担当者と面談し、就業規則に記載されている休職制度によって、翌日から自宅療養ということで休職することになりました。

休職期間を就業規則で確認したところ、私の場合は6か月までとなっていました。

それよりも治療が長引いた場合は、自動退職になると言われました。

そこで質問なのですが、過重労働でうつ病が発症した場合は、労災保険の給付が受けられることがあると聞きました。

労災保険を申請することで、現在の会社と揉めてしまうと、次の転職で不利になってしまうでしょうか?

揉めて不利になるならば、申請は諦めようとも思っています。


回答:まずは何よりも、次の会社への転職の道を探しましょう

毎日の残業量が多く、休日出勤までしているようであれば、この会社は労働基準法の36協定違反の可能性があります。

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、次のような特徴がある会社を指します。

①労働者に対し、極端な長時間労働やノルマを課す。

②サービス残業(賃金不払い残業)やパワハラが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い。

③このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う。

あなたが働いている会社は、「極端な長時間労働をさせている会社」といえます。

手帳などに残業時間や休日などの記録が残っていれば、1か月どのくらいあるか集計してみてください。

できれば、会社に長時間労働について改善を求めていきたいところですが、あなた単独で問題点の改善を求めて交渉をするのは非常に難しいと考えられます。

「うつ病」の診断が出ているので、会社の規則の中にある「休職」制度を使って療養のために会社を休むのが一番の方法だと考えます。

その間に心身の状態を整えて、病院で治療を受けながら、次の会社への転職の道を探しましょう。

気持ちが焦るかもしれませんが、まずは何よりも治療が最優先です。

転職をする時期についても、病院の先生と相談しながら決めていきましょう。

確かにおっしゃる通り、過重労働でうつ病が発症した場合は、労災保険の給付が受けられることがあります。

過重労働以外の、例えばパワハラやセクハラ等があってうつ病が発症した場合も申請が可能です。

しかし労災を申請したいと申し出ても、会社に拒否されてしまうケースが非常に多いです。

また、復職したときに居づらさを感じてしまうことになるかもしれません。

今の会社と揉めるようなことはせず、「早くおさらば」した方がいいでしょう。

労災保険の申請は、会社を辞めてからでもできますので、病院の先生と相談してもいいと思います。

労災保険の申請書には、病院の先生の証明も必要となってきます。

一日も早く転職活動をスタートさせましょう。

転職活動をしている時に、うつ状態であるとどうしても気持ちが落ち込んでしまいます。

かかりつけの病院の先生には、転職のこともお話して相談にのってもらいましょう。

病院の先生に話を聞いてもらうだけで、心が落ち着くはずです。

尚、念のため長時間労働があった証拠は手元に保管しておいてください。

例えば給与明細であるとか、もし手に入るようでしたらタイムカードの写し等です。

勤怠をクラウドで管理している会社であれば、勤怠のシートを印刷するかpdfなどの形で保存しておいてください。

当事務所(愛知労務)で労災申請のお手伝いをさせて頂いた方は、毎月のタイムカードをスマホで写真に撮っていました。
また、パソコンのログを取って、労働基準監督署に提出したこともあります。

パソコンのログが一部でも残っていれば、証拠となる可能性があります。

また、同居の家族には、会社の勤務状況や残業がどのくらいあったかを記録に取ってあることをお話しておいてください。

またそれがどこにあるかも伝えておきましょう。

自分一人で考え込まないようにしましょう。


労災保険に認定されたらどうなるか

労災保険に認定された場合は、治療費は全額労災保険で支払われます。

休業補償は、ボーナスを除いた毎月の給与の概ね80%出ることになっています。

労災保険の認定は原則6か月以上かかるので、健康保険の傷病手当金の申請と同時に労災保険の申請もすることになります。

傷病手当金については、このページをご参照ください

労災保険が認定された場合は、すでに受給している傷病手当金は全部戻すことになります。

両方もらうことはできません。

治療が一段落して、病院の先生から治療終了と言われて、障害が残っている場合は、障害補償給付の申請をすることになります。14級、12級又は9級に認定されることがあります。

愛知労務で申請して9級が認定された方のお手続きをしたことがあります。

場合によっては、認定等級が出てから弁護士の先生にお願いして、損害賠償請求をすることがあります。

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

ご相談は、下記バナーからお願いします。

ブラック企業ってどんな会社なの?に戻る

転職面接を知るに戻る

文責 社会保険労務士 松井 宝史 2022.09.16

目次

仕事探しの方法

転職面接

求人応募までの準備

応募書類突破法

転職面接の準備

面接で聞かれる質問

転職・求人サイト情報

退職の準備

パワハラなんて無くなれ