職場でのいじめやパワハラ_まつろむ流転職の考え方

職場でのいじめやパワハラ

職場でのいじめやいやがらせなどのパワハラがどんどん増えています。

パワハラは決して許される行為ではありません。

職場に波風を立てたくない、自分が耐えれば済むことだ、と我慢してしまう方も少なくありません。

ですがパワハラを我慢し続けてしまうと、ストレスがたまり、適応障害やうつ病を発症してしまうことがあります。

そのようなパワハラ上司を避けるためにするべきことは、相談することです。

2020年6月にパワハラ防止法が施行され、ハラスメント相談窓口を設置することが全ての企業に義務付けられました。

ことを大きくするようで気が引けるかもしれませんが、何よりも大切なあなたの心身の健康を損なう前に、相談しましょう。

もしあなたの会社に産業医がいる場合は、産業医に相談するのもいいと思います。

原則として一社につき一度限りではあるものの、産業医の申し立てにより配置転換を希望することも可能です。

適応障害やうつ病になる前に、合図を送るつもりで相談しましょう。


このような相談で解決する場合もありますが、現実には解決に至らないことも多々あると思います。

パワハラをしてくるのが一人の上司だけとは限らず、職場全体がいじめやパワハラの温床になっているというケースも多くあります。

パワハラ上司が、サイコパスである場合もあります。

サイコパスなパワハラ上司は、最近では「クラッシャー上司」とも呼ばれています。その名の通り、部下を潰してしまうのです。

そのようなタイプの上司の場合、残念ながら改善は見込まれません。

とにかく速やかに距離を取ることです。

残念なことですが、世の中には良心の無い人もいるのです。

パワハラ上司の気質はもともとのその人の性格によるところが大きいため、根本的な改善は見込めません。

辛い思いをしている場合は、逃げることは決して悪いことではありません。

パワハラ上司のせいで心や体を壊してしまう前に逃げましょう。

あなたにとって、もっと気持ちよく仕事ができる職場がどこかに必ずあります。

パワハラで苦しむ人が一人でも減っていくよう、これからも対策を考えていきたいと思っています。

 

パワハラ上司の攻撃対象になるな

パワハラなんて無くなれ

パワハラで転職しようと思います

パワハラがひどく転職しようか迷っています

パワハラが原因で辞めることにしました

はたらいく

無料相談

目次

仕事探しの方法

転職面接

求人応募までの準備

応募書類突破法

転職面接の準備

面接で聞かれる質問

転職・求人サイト情報

退職の準備

パワハラなんて無くなれ

運営者情報

サイトマップ

当サイトはリンクフリーです。管理人の許可なく自由にリンクを張って頂いて問題ございません。